犬が寝る時ケージに入れてる?人と一緒に寝ない方が良い3つの理由!

こんにちは!家族でパピーウォーカーボランティアに取り組む一福です。

さて。

今回は、寝るときにケージを使おうかお悩みのあなたに「犬が寝る時ケージに入れてる?人と一緒に寝ない方が良い3つの理由!」についてお話しますね!

夜寝るときに犬をケージに入れるのは、愛犬と安全に幸せに暮らしていくための方法でもあるようです。ぜひ最後までご一読くださいね。

犬が寝る時ケージに入れてる?犬が人と一緒に寝ない方が良い3つの理由!

愛犬を事故から守るため

 

「寝返ったときに、犬の足やしっぽを踏みつけた!」そんな経験はありませんか?私はお昼寝中に、パピーのしっぽをグリっと踏みつけたことが何度かあります^^;

 

愛犬と一緒に寝たい気持ちはわかりますが、寝返ったときにケガをさせてしまったり、上から覆いかぶさったりすれば事故につながります。特に子犬や小型犬は、気をつけてあげたいですね!

大切な愛犬の身を守るために、寝るときはケージに入れましょう♪

また、誤飲も怖いですね。

「何これ??どこから持ってきたの?」びっくりする物が口から出てくるときがありませんか?

 

犬って、私たちが思いも寄らない物を口に入れていることがありますよね。寝る時にケージに入れておけば、愛犬のいたずらや誤飲を防げます。とにかく、お互いに安心して眠れるのが一番です。愛犬の誤飲を防ぐために、寝るときはケージに入れておきましょうね♪

愛犬を分離不安にさせないため

 

「くぅん・・・キャンキャン!」子犬に鳴かれると、胸にこたえますよね。今すぐケージから出してあげたいと思いませんか?

が・・・ここはグッと我慢です。心を鬼にして鳴こうが騒ごうが、ケージに入れておきましょう。

 

少しずつケージに慣れてくれば、犬はケージを自分の居場所だと思うようになります。ケージが居心地の良い場所になれば

  • 犬がケージを嫌がって入らない
  • ケージの中でワンワン鳴き叫ぶ
  • 留守番できない

このような問題行動は減ってきますよ。

ケージ内で一人で落ち着いていられるようになれば、犬も飼い主もストレスが減ります

 

わが家のパピーもわが家にやって来た頃、夜鳴きがすごかったんですよね。なので、わが家に迎えてから1週間ほどは、ケージの隣に私のお布団を敷いて寝ていました

ケージに慣れてくると、夜鳴きもなくなりました。そうなったら少しずつケージと布団の距離を離していきましょう。

「気が付けばお母さんは別の寝室で寝てた?!」

これがポイント★数か月もすれば、誰も居ない部屋で1人寝できるようになります。

 

今では「さぁ、寝ようか」と言うと、自分からケージに入っていくパピー。「やっと寝る時間か・・・」と、待ちに待った感じで入っていくこともありますw

既にパピーにとってケージは、自分だけの落ち着ける場所になってるみたいです。

災害に備えるため

災害が起こった時、あなたの愛犬は避難所に連れて行ける犬ですか?それとも、連れていけない犬ですか?

大きな自然災害が発生すると問題になるのが、避難場所でのペットの扱いです。

避難場所にペットを持ち込むな!!

VS

ペットも家族の一員として避難場所に連れて行きたい!

避難場所にはいろんな方が集まります。犬バカな私にとって犬は家族の一員なので連れて逃げるのは当然ですが、犬好きじゃない人にとっては犬はケモノです。

避難所で一緒に寝泊まりするなんて、絶対に嫌だという方も多いでしょう。残念ですが、お互いに解り合えません。

 

もしあなたの愛犬がケージで大人しくできる犬であれば、災害時にも手放さず避難所生活ができるかもしれません。たとえ一緒に避難するのが無理でも、預かってくれる人を見つけやすいと思います。

逆に、あなたの愛犬がケージに入れない犬であれば、災害時に一緒に避難所に連れて行くことは難しくなるでしょう。

 

災害時、愛犬を守れるかどうかは日常のしつけにかかっていますよ。ケージを使える事はもちろん、無駄吠え・排泄のしつけなど基本的なしつけを徹底しておきましょう!

 

長くなりましたので、最後にまとめておきますね★我が家のパピーのハウスに入る様子も合わせてご覧ください

まとめ

【寝るとき犬をケージに入れる3つの理由】

愛犬を事故から守る!

  • 飼い主の寝返りによる事故
  • 誤飲

愛犬を分離不安にさせない!

  • ケージを安心できる自分の居場所にしよう。
  • 一人でもケージの中でくつろげる犬にしよう。

災害に備える!

災害時に守ってあげれるような習慣づくりを心がけて!

いかがでしたか?寝るときに犬をケージに入れた方が良い理由を3つご紹介しました。

 

寝るときに犬をケージに入れると、初めは夜鳴きするかもしれません。

いや、夜鳴きするでしょう!

うん、絶対に夜鳴きします!

 

でも、最初が肝心です。

まずはケージで眠るトレーニングを始め、慣れてきたら30分、1時間とケージの中でお留守番させていきましょう。

最初から長い時間ケージに閉じ込められると、ケージ嫌いになってしまいますので、少しづつ慣らしていくのがおすすめですよ!

 

寝るときにケージを使うのは、犬をケージに慣らす最も有効な方法だと思います。

 

夜寝るときケージを使おうか、それとも一緒にベットで寝ようか・・・もし迷ってるのでしたら、ケージに寝せることをおすすめします!だって、犬がケージを好きになってくれたら、お互いにメリットしかないんですからっ♪

早速今日から、犬が寝るときにケージに入れてみませんか?

たぶん鳴きますけど・・・ね。

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒ちょっと一服しませんか?一服同好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました