大型犬の車の乗せ方は?!小さい車にラブラドールを乗せる方法!!

愛犬とのドライブに異常に憧れていた一福です。でも実際に犬を乗せて運転してみると、すごく気を使わなくちゃいけない事が分かりました。

さて。

今回は、「大型犬の車の乗せ方は?!小さい車にラブラドールを乗せる方法!!」をご紹介します。軽自動車など小さな車で大型犬と一緒にドライブを楽しむためのグッズを買いましたので、ご紹介しますね!

最後までお付き合いお願いします★

大型犬の車の乗せ方は?!小さい車にラブラドールを乗せる方法!!

 

私はラブラドールとのドライブに人一倍の憧れがありましたっ♡

ですが、いざドライブするとなると大型犬用のケージは大き過ぎて、私の愛車・ローバーMINIにはとても入りません。クラシックのローバーMINIは、めちゃくちゃ使い勝手が悪いんです。

  • トランクも後部座席も助手席も狭い
  • 乗り降りしにくい
  • 中は意外と大空間じゃない
  • 燃費が悪い
  • 音がうるさい
  • 激しく揺れる

つまり、大型犬とのドライブには全く向いていません。

 

そこで、小さな車に大型犬を乗せる時に使えるグッズを探しまくってたところ、こんな良いモノを見つけちゃいました!

 

それは犬用ハーネス シートベルトです。知ってますか?

ハーネスにシートベルトが付いていて、犬を座席に座らせてシートベルトで固定することができます。これならケージの中に入ってる時とは違って、愛犬とおしゃべりしたり一緒にを楽しみながらドライブができますね。

 

色が沢山あって迷ったのですが、

「やっぱり黒いラブラドールにはが映えるね!」

「白いローバーMINIにでワンポイント!」

ということで、私は赤色のシートベルトをチョイスしました(*´ω`*)

 

対応体重を参考にMサイズを購入したのですが、かなり余裕があり大き目のお作りです。サイズ選びはペットの体重だけでなく、きちんと胸周りをチェックしておきましょう~!

長女
長女

直ぐに大きくなるし大丈夫でしょ?

では早速、シートベルトを装着してお出かけしてみるぞっ!

シートベルトを使ってみよう!

 

「さぁ、ドライブに行こう♫」

意気揚々とシートベルトを付けてみたのですが・・・嫌がるのなんのって(;_;)とにかくシートベルトの部分が気になって仕方ないみたいで、ひっくり返って噛み付いて離れません。

1人で大人しく助手席に座ってられないだろうね・・・でも慣れるしかないよ!LET’S シートベルト!

 

 

あれ?!

 

・・・

 

 

ウソやろ?!

 

 

・・・シートベルトが入らんよ(;_;)使えないよ。私のおちょこちょいが、ここに来て出ちゃいました。

 

ゴメン・・・そんな目で、私を見ないでおくれ。何も考えずに、飛びついて購入した私。どうやらすべての自動車にも合うワケでは無さそうです。

じっくりシートベルトの金具を比較してみると、

ハーネスのベルト】はこんなん↓

 

ローバーMINIのベルト】はこんなん↓

 

ね?全く形が違うでしょ?!これじゃぁ、合うわけないよねぇ。

ちなみに、主人の車(Nissan)には使えました。

 

というわけで、MINIが外車だから合わないのか、古いから合わないのか分りませんが・・・クラシックローバーMINIに、pawabooのハーネスシートベルトは付けられませんでしたー!

ちゃん♪ちゃん♫

 

捨てるの勿体無いから、ただのハーネスとして使ってやるぅ。

あなたの愛車のシートベルトはどんな形ですか?もし、ハーネスシートベルトを使いたいなと思ったら、購入前に必ずシートベルトの金具を確認してみてくださいね!

 

 

では、私がどうやってラブラドールをローバーMINIに乗せているかについて、ご紹介しておきます。

大型犬をMINIに乗せる方法

わが家のラブラドールは盲導犬候補の犬です。なので、本当は座席の下(人の足元)に乗せるのが正しい乗せ方。

でも、ローバーMINIは足元も狭い・・・大きくなったラブラドールは、座席の下には入り切れません。なので私は助手席の背もたれにリードをひっかけて座らせています。こんな感じです。

 

これで、ガチャガチャ動いて運転席側にやってきたり、窓から身を出したりする心配はないというわけ♪ハーネスベルトの方が安定感はありますが・・・

 

パピーは椅子に寝転びたい様ですが、椅子も小さすぎてゆっくり寝られません。運転中はずっと座って外を眺めていますw

子供たちが一緒の場合は、後ろの座席に一緒に座らせます。

こんな感じです。

 

パピーは後部座席の方がゆっくりできて好きみたいです。寝転んだりできるから落ち着くのかな?

盲導犬協会からの指示で、犬は足元に乗せるように言われているので、椅子の上に乗せるのは指導違反になりますが・・・物理的に無理なので、仕方ないということでw

主人の車に乗るときには、ちゃんと足元に乗せていますよ~パピーは、足元はあまり好きじゃないみたいですけどね♪

 

 

では、最後にまとめておきます!

まとめ

大型犬を小さな車に乗せる時の便利グッズ

  • 大型犬ケージやキャリーバッグは大きすぎて実用的じゃない
  • ハーネスシートベルトなら安心して座席に座らせられます。

 

犬用ハーネスシートベルトを買う時の注意点

  1. サイズ選びは、体重だけでなく胸周りも参考にしてフィットしたものを選ぼう!
  2. シートベルトに慣れるまでに時間がかかりそう。
  3. リードに慣れてない子はカミカミします。
  4. 自動車によっては差し込み口が合わない!

いかがでしたか?大型犬を軽自動車などの小さい車に乗せる場合、ハーネスシートベルトを使って安全を確保するのもアリじゃないでしょうか?!

大型犬用のキャリーバッグやケージは大きすぎて、どう考えても実用的じゃありませんからね。

 

また、普段のちょっとしたお出かけの時にも、ハーネスシートベルトは便利そうです!ただし遠出には不向きだと思われますので、ケージと使い分けて犬に負担のかからないように注意してあげましょう!

 

おしゃれ楽しく安全に、愛犬とドライブを楽しもう★

 

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒ちょっと一服しませんか?一服同好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました