大型犬と初めてのドッグランへ!トラブルを避けるチェックポイントは?

「ドッグランでのトラブルを避けたい!」

「大型犬のドッグラン使用で注意すべきことは?」

こんにちは!大型犬と一緒にドッグランデビューしてきた一福です。^^

愛犬と一緒にドッグランで遊んでみたいと思いませんか?!

初めて会う犬たちと楽しそうに走り回る愛犬の姿を想像するだけで、ワクワクしますよね!

でも、ドッグランは楽しいだけの場所ではありません。

ドッグラン初心者さんには、トラブルがつきものだと思います。

今回は、私が体験した大型犬のドッグラントラブルについてお話します。

「ドッグランではこんなことも起こるんだな~」と、予備知識として頭の片隅に置いといてもらえたら嬉しいです。

では、最後までお付き合いお願いします~♪

大型犬のドッグラン使用
トラブルを避けるためのチェックポイント!

大型犬のドッグランでのトラブルはたいへん危険です。

しつけが十分にできていない大型犬と喧嘩になり、止めに入った飼い主がケガをしたり、犬がかみ殺されたという事故も聞きます。

ドッグランの中に入る前には必ず、どんな犬・どんな飼い主がいるのかをチェックする方が良いでしょう。

✅喧嘩している犬はいないか?

✅犬の吠える声は聞こえないか?

✅飼い主のマナーは?

✅飼い主はちゃんと犬に付いているか?

✅犬から目を離していないか?

✅おしゃべりに夢中になっていないか?

長男
遊びに行ったドッグランは、犬の吠える声がすごかったね・・・

ドッグランに入る前に分かることは、たくさんあります。

ドッグランでトラブルに巻き込まれないためにも、まずは外からドッグラン内の様子をチェックしましょう!

また同時に、あなたの愛犬がドッグランに入って遊ぶのに適切かどうかをチェックすることも大切ですよ。

被害者になるもの嫌ですが、加害者になるのも絶対に避けたいですからね!

✅名前での呼び戻しができる

✅コマンドに従える

✅遊んでいる最中の犬の興奮状態をクールダウンさせられる

✅他の犬と手加減して遊べる

✅知らない人に触られても興奮して吠えたり噛みついたりしない

長女
パピーは全部OKだもんね!

しつけができているのであればノーリードで遊ばせても良いですが、しつけ不十分であればリードをつけて様子を見ながら遊ばせる方が良いでしょう。

自分の犬が加害者にならないようにするのも、私たち飼い主の責任です。

私はこういった前知識なく、初めてのドッグランに乗り込んでいきました( ;∀;)

今回は実際に起こった2つのトラブルについて触れておきますので、あなたがドッグランを利用する際の参考にしてくださいね。

初めてのドッグランでこんなトラブルに!?

トラブル1:大型犬に噛まれる

ドッグランに入ろうとしたら、ボルゾイを連れた若いカップルが出てきました。

ボルゾイはパピーを見つけると直ぐに近寄ってきて、クンクンと全身の匂いを嗅いでいました。

パピーも体を低くしてご挨拶しています。

子供たちも初めて見るボルゾイに夢中です。

「かっこいい!」

「馬みたい!!」

とその時、さっきまで黙って臭いをかいでいたボルゾイが、いきなりパピーに噛みつきました。

ガウガウガウ!!

「キャンキャン!!キャン!」

パピー
痛たたぁああああ!!!
ブログ管理人:一福
!!!!?

もちろん飼い主はリードを引いてましたがボルゾイをコントロールできず、私たちはただ黙って噛まれるのを見てるだけ。

辺りは騒然・・・

血が出るほど噛まれたわけじゃないので、攻撃というより威嚇だったのかもしれません。

でも本当に怖かった。

だって、相手はボルゾイなんですよ?!

ボルゾイ!

知ってます?

ボルゾイ!?

馬みたいなでっかい犬↓です。

こんな犬に本気で攻撃されたら殺されます・・・

パピー
怖かったわん。。。
主人
どうしてやることも出来ずゴメンな

ボルゾイをつれたカップルは謝罪の一言もなく、立ち去って行きました。

本当にこういう時って、頭の中が真っ白になるんですね。

ボルゾイを止めることも、相手の飼い主に注意することも、何もできなかった。

ただパピーが無事だったことにホッとし、近くにいた子供たちが一緒に噛まれなくて良かったと安心しただけでした。

情けないもんですよね・・・・

ブログ管理人:一福
何もできなかった母を許しておくれぇぇぇ~

「犬同士のことだから仕方ないよね」

「犬にも相性があるから」

とおっしゃるかもしれません。

でも私は、自分の犬が攻撃性が高いと分かっているなら、他の犬・人に簡単に近づけちゃいけないと思います。

私自身も、相手の都合で犬の挨拶を受けてはいけなかった!

犬同士を接触させても大丈夫かどうかを自分でしっかり見極めないといけなかったんです!!

どの犬もしっかり躾されていると思っちゃいけません。

「もしかしたらしつけが不十分な犬かもしれない」

ちょっと疑るくらいの感じで、少しずつ近づけた方が良いと思います。

次女
怖かったね・・・
ココがポイント!
近づいてきた犬を信用してはいけない。

飼い主に犬の事を確認しよう!

トラブルその2:追いかけまわされる

中に入ると、一匹のフレンチブルドッグがパピーにロックオン★

しつこく追いかけまわされました。

パピー
こっちに来ないで~

「ごめんね~うちの子が気に入っちゃたみたいで♡」

飼い主さんからすると全然大したことないんですよね~

だって自分とこは小型犬だし、パピーの方が3倍はデカイんだもん。

はたから見たら「あらまぁ、かわいらしいわね~」って感じです(^^;

「小さい犬だから、怖くないでしょ?」

と私も気楽に考えてたんですが、パピーは尻尾を巻いてテンション下がりまくり↓

もう私たちの足元から離れません。

パピー
また噛まれるかもしれん!

犬嫌いになって、犬に吠えるようになったら困るので、ドッグランに入ってわずか10分ほどで退散しました( ;∀;)

小型犬だから怖くないというのは、人間の勝手な思い込みです。

犬にも性格があります。

怖がる犬とわざわざ一緒に遊ばせる必要はありません。

もしここで、パピーが吠えたり足をかけたりしたら、「怖い大型犬」「凶暴な大型犬」だと思われるんです。

ブログ管理人:一福
友人が飼ってるチワワは、一緒に遊んでた大型犬に足に乗られて骨を折ったらしいよ・・・

小型犬とのトラブルは大型犬が悪者になりがちです。

大型犬同士だけでなく、小型犬との接触にも気を付けたほうが良いと思いました。

ココがポイント!

相手が小型犬であっても、怖いものは怖い!

愛犬の様子を見て、怖がってるようなら直ぐに外に出よう!

長男
パピーは大人しい性格だということが分かったね

最後になりましたが、大型犬のドッグラントラブルについてまとめておきます。

まとめ

✅ドッグランに入る前に中がどんな状況かを確かめよう!

✅トラブルが起こった時に愛犬をちゃんと制御できるなら大丈夫!

✅近づいてくる犬を信用しちゃいけない!

✅あなたが周りの犬をしっかり見極めて近づけよう!

✅愛犬の様子を見て怖がってるなら直ぐに外へ出よう!

いかがでしたか?

初めてのドッグランデビューは楽しみなものですが、トラブルはつきものです。

飼い主がしっかりと状況を見極めたうえで、安心して遊ばせてあげてくださいね。

特に大型犬の場合は喧嘩になったり怖がって怯えてても、抱っこして逃げることができません。

なので、そういった状況を作らないということが一番大切です。

私は何の予備知識もなくドッグランに乗り込んでいったため、パピーを怖がらせるようなことになってしまいました。

その結果、私たち家族もドッグランは楽しい場所じゃないと思ってしまい、ドグランデビューは完全に失敗です。

私の勉強不足のせいです↓

おそらくもう無料のドッグランを使うことは無いと思います。

ドッグランは貸し切りで使うのが良いんじゃないかと思いました。

まだドッグランを使ったことがないあなたには、こういう経験をしてほしくないので、この体験談を記録しました。

ドッグランデビューの参考になればうれしいです。

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒レトリバーを愛する人のためのれとら部(レトリバーラブ)
コメント

コメントをどうぞ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする