盲導犬になれなかった犬はどうなるの?保健所に送られて殺処分に!?

盲導犬になれなかった犬が殺処分されないか心配な一福です。とにかく妄想癖が凄い人なんです。

 

さて。

今回は、盲導犬になれなかった犬のその後が気になるあなたに「盲導犬になれなかった犬はどうなるの?保健所に送られて殺処分に!?」についてお話します。

盲導犬になれなかった犬はどうなるの?!

 

「盲導犬になれなかった犬は、引き取り手がなかったら殺処分になるの?!」

 

ご心配なく!盲導犬に不適格だった犬だからと言って、殺処分されることはありません。

盲導犬は生まれてからその天寿を全うするまで、国からの援助や、たくさんの寄付やボランティアさんの力で生かされています。

つまり公」の犬なんです。

盲導犬になれなかったからと言って、「公」の犬を殺処分するなんて絶対にありえません。

 

盲導犬になれるのは候補犬全体の3~4割です。健康面・性格面・訓練面において1つでも不適格であれば盲導犬にはならず、進路変更(キャリアチェンジ)します。

 

キャリアチェンジした犬は?

  • PR犬として盲導犬のPR活動などデモンストレーションを行う
  • 聴導犬や介助犬など補助犬として活動する
  • 一般家庭に譲渡され家庭犬(ペット犬)となる

 

ここで、あなたに誤解して欲しくない事が1つあります。それは「盲導犬に不適格だった犬=ダメ犬」ではないという事!!

もし、うちのパピーが「この犬は盲導犬失格だー!!」なんて言われたら・・・悲しい。でも、これはあくまでも盲導犬としては不向きと言う評価なんです。

 

盲導犬協会では色んな面で犬を評価しますが、それは全て「盲導犬としての適性」評価であって、彼らの存在を評価している訳ではありません。

 

もし自分のパピーが盲導犬を不合格になったら

「うちの犬のどこが悪いねん!盲導犬なんてこっちから願い下げだ!」

と叫びたくなりますよね!パピーの存在を評価している訳ではないと、肝に銘じておかないといけません

 

では、なぜキャリアチェンジしたのでしょうか?盲導犬になれなかった理由はどこにあるのでしょうか。

もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

盲導犬になれなかった犬は何が問題だったの?!

 

「キャリアチェンジ犬は、馬鹿だから盲導犬になれなかったんでしょ?!」

 

いえいえ。盲導犬のお仕事には向いていないというだけです。盲導犬からキャリアチェンジした主な理由としては

  • 活発すぎる
  • 動物や人を怖がる
  • 警戒吠えをする
  • 身体的健康面に問題がある

などが上げられますが、私は「盲導犬ではない生き方が向いている犬」がキャリアチェンジするのだと思っています。

 

盲導犬になれなかった犬は、それぞれが自分に合った道を選んで歩んでいくんですね!

まとめ

  • 盲導犬になれなかった犬はどうなるの?!
    ⇒それぞれに合った道へキャリアチェンジする(PR犬、補助犬、ペット犬など)
  • 盲導犬になれなかった犬は何が問題だったの?!
    *動物や人を怖がる
    *警戒吠えをする
    *身体的健康面に問題がある
    *活発すぎる⇒盲導犬じゃない生き方が向いているのでは?

いかがでしたか?盲導犬になれなかった犬は殺処分されるわけではなく、それぞれの性格に合った道へ進路変更(キャリアチェンジ)することがわかりました。

 

「盲導犬って我慢ばかりで可哀想」という声も聞きますが、犬は嫌々働きません。

人間の場合、仕事にストレスを感じても生活のために働く方が多いですが、犬は責任感から頑張る事はなく、嫌な事はやらないんですよね。

 

つまり、人を支えることが好きで得意な子盲導犬になり、盲導犬の訓練・仕事にストレスを感じる子はキャリアチェンジする。

盲導犬になれなかったは、盲導犬にならなかったなんです!

 

確かに自分に当てはめてみると、私は変化が乏しい毎日や同じ作業をやり続けるのがとても苦手で、会社員から独立したキャリアチェンジ組。

私は盲導犬になれなかった犬たちと一緒です。

そう考えると、自分が育てたパピーがキャリアチェンジするのも悪くないな~なんて思った一福さんでした。

 

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
一服同好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました