子犬の歯磨きいつから始める?歯磨きに慣らすための3ステップ!

 

「子犬の歯磨きはいつから始めるのが良いですか?」

 

ブログ管理人:一福

子犬の歯はどうせ生え変わるんだから、歯磨きなんて必要ないと思っていませんか?!

でも、歯が抜け変わるまで歯磨きをしないでいたら、子犬は歯磨きを嫌がるようになるかもしれませんよ。

歯磨きをスタートするなら、好奇心旺盛な子犬のうちがお勧めです!

 

今回は、子犬の歯磨きにお悩みのあなたに「子犬の歯磨きいつから始める?歯磨きに慣らすための3ステップ!」についてお話しますね!

 

 

子犬のときにしっかりと歯磨き習慣をつけて、愛犬を歯のトラブルから守りましょう!

今すぐできることばかりですので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

子犬の歯磨きいつから始める?

 

「子犬の歯磨き、いつから始めようかな~?」

なんて、迷ってるそこのあ・な・た

 

子犬の歯磨きは今すぐ今日から始めましょう♪

子犬の歯を心配したその日から、今からスタートしましょう♪

長男
思い立ったらすぐやろう!


歯ブラシ上手かなぁ?

口を大きく開けてぇ~

グリグリ♪シャカシャカ~♪

パピー
止めてー!嫌だっ!怖いよー(涙)


歯磨きを嫌がって口を開けてくれない!?

 

無理、無理!無理です!

初日から子犬の歯をしっかり磨こうなんて無謀ですよw

 

ほとんどの犬が、歯磨きを嫌がります。

歯磨きを始めることは、つまり歯磨きに慣らすことから始まるんです!

歯磨きを始める=歯磨きに慣らし始める

 

では、まず初めに何をしたら良いのか、次でお話していきますね。

 

子犬を歯磨きに慣らしていこう!

 

「愛犬が歯磨きを嫌がります!」

 

わが家のパピーも初めて歯ブラシを咥えた時には、2・3回カミカミした後しっかり口を閉ざしてしまいました。

犬としては、新しい玩具を噛んだけであって、歯磨きをしてたわけじゃないんですよね。

あなたの愛犬も、きっとそうでしょう。

 

このように歯磨きを嫌がる犬を押さえつけ、無理やり歯磨きを始めてはいけません。

少しずつ歯磨きに慣らしていきましょう。

 

 

私は3つのステップで子犬を歯磨きに慣らしていきましたので、1つずつご紹介していきますね。

 

ステップその1:口周りに触れられることに慣らす

 

まずは口回りを触られること歯に触られることから慣らしていきましょう。

 

  • 口を触る
  • 口の中に手を入れる
  • 鼻に触れる
  • マズルを撫でる

などなど、普段の遊びの中で子犬の口元にたくさん触れてあげてください。

 

歯磨きに慣らすために口元に触れるのはナンセンス

絶対に子犬は嫌がりますよ。

「大丈夫だよ~ 怖くないよ~」

あなたがどんなに優しく猫なで声を使っても、子犬は嫌がるでしょう。

 

なので、子犬を迎えたその日から、身体だけでなく鼻や口元・おしり・おまた・尻尾・足先・肉球など、犬が嫌がる場所にたくさん触れてください。

 

遊びながら、体をいっぱい撫でてあげるんですよ。

仰向け抱っこ(犬にとっては服従のポーズ)も効果的です。

 

こういったスキンシップを1か月間も取っていれば、歯磨きの準備は完了

子犬はあなたの手が口元に触れようが、歯に当たろうが、鼻をつかもうが、びくっともしないでしょう。

 

ステップその2:歯ブラシに慣らす

 

私はパピーが生後3か月になった頃から、歯ブラシを咥えさせました。

初めは歯ブラシを咥えさせるだけ口の中に入れるだけ

絶対にグリグリと磨いちゃダメですよ~

 

子犬は自分から歯ブラシを噛んでくると思います。

2-3回ほど歯ブラシを噛ませたら

 

「OK!おしまい!歯磨きGOODだね!」

と褒めてあげて、歯磨きは終了です。

パピー
もっと噛みたい!遊びたいよー


せっかく歯ブラシを噛んでるのに、歯磨きしないの?

そうなんです。ココがポイントですよ~!

歯ブラシをもっと噛みたい!

もっと遊ばせて!

という程度で、止めるんです。

 

「明日の歯磨きタイムをお楽しみに♪」って感じで、終了してみてくださいね。

次女
歯ブラシを狙ってるねw

子犬を歯ブラシを嫌いにさせてはいけません。

むしろ、大好きにさせちゃってください♥

そのために、ちょっとずつ・少しずつ歯磨きするんですよ。

 

焦りは禁物デス★ゆっくり行こう!

  1. 初日は口の中に入れてみる。
  2. 奥歯からカミカミ3回、5回、10回と増やす。
  3. 前歯に当ててみる。
ブログ管理人:一福
こっちのペースで歯磨きをさせよう!

 

ステップその3:ガーゼや布も使ってみる

もし子犬が歯ブラシを嫌がるようなら、ガーゼを使ってみてはいかがでしょうか?

 

使い方は超簡単♪

指にクルクルと巻き付けて、歯の表面を撫でるだけ。

飼い主の指で磨くので、歯ブラシが苦手な子犬でもやりやすいと思います。

歯を磨いた後には布がヌルヌルになってるので、「歯垢がとれた~!」って感じが私は好きです♡

 

ただし、指をキツく噛む事があるので注意してくださいね!

長女は指がえぐれる程に噛まれたことがあります・・・それ以来「私が歯磨きをしたい」と言うことはありませんw

と・ら・う・ま❥

長女
二度と歯磨きしてあげないから・・・
パピー
ごめん(汗)

 

私の歯磨きの手順は、こんな感じですごく簡単にやってます。

  1. 奥歯を歯ブラシで磨く(噛ませる)
  2. 前歯から奥歯へ1本ずつ、布で歯の表面を磨く
  3. 歯垢が付きやすい裏側にも布を当てる
  4. 乾いた清潔な布でよく拭き取る

歯磨き粉スプレーなどはつけてません。

手短に、ささっと済ませると子犬が嫌がることはないですよ。

 

「歯垢がひどい時には、獣医さんにスケーリングを依頼すればいいか!」

あまり深刻にならず、遊びの延長で子犬の歯磨きを始めてみませんか?!

 

 

では、長くなりましたので最後にまとめておきます。

 

まとめ

 

子犬の歯磨きいつから始める?

今すぐはじめよう!まずは歯磨きに慣らすことが大事!

 

子犬を歯磨きに慣らしていこう!

  • その1:口周りに触れられることに慣らす
  • その2:歯ブラシに慣らす
  • その3:ガーゼや布も使ってみる

いかがでしたか?

歯磨きは虫歯だけでなく口臭も抑えられるので、飼い主にとっても嬉しいことばかりです。

子犬を迎えたその日から、歯磨きに慣らすための3ステップを始めてみませんか?

 

子犬のうちは、そんなに歯磨き頑張らなくても大丈夫!

成犬になってから歯磨きがスムーズにできるようになるための練習だと思ってくださいね。

子犬が歯磨きを嫌いにならないように、無理せずやっていきましょう。

 

 

私も毎朝のスキンシップとして、パピーの歯磨きをしています。

始めはおもちゃ感覚で歯ブラシを噛むだけでしたが、最近ようやく歯を磨かれてることに気が付いたみたいデスw

パピー
もしかしてコレが歯磨きってやつ

まだまだ下手くそですが、歯磨きさせてくれるようになりましたよ♪

 

 

大切なのは、歯磨きを習慣化することです。

そのためには2-3日に1回と言わず、毎日歯ブラシを咥えさせましょう。

どんなに歯磨きが下手くそな犬でも、今日は前歯、明日は奥歯・・・と少しずつやってあげたら綺麗になりますからww

 

 

子犬のときから楽しみながらトレーニングを重ねて、歯磨き大好きな犬に育ててあげましょうね!

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒レトリバーを愛する人のためのれとら部(レトリバーラブ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました