犬のシャンプーはお家でやろう!誰にでもできる簡単なやり方!!

「犬のシャンプーをお家でやりたい!」

「簡単にできる犬のシャンプーのやり方は?」

こんにちは!家族でパピーウォーカーボランティアに取り組んでいる一福です。\(^o^)/

愛犬のシャンプーがお家で簡単にできたら、嬉しいですよね?!

毎回トリミングサロンに連れて行くのは、お金も結構かかるし・・(*´ω`*)

1か月に1度のシャンプーを愛犬と楽しく過ごすために、自宅でもできる簡単なシャンプーのやり方を学びませんか?

今回は、誰でも簡単にできる犬のシャンプーのやり方を知りたいあなたに、シャンプーのやり方の手順をお話しますね!

お家でも出来るの?!超簡単な犬のシャンプーのやり方!

ブラッシング

お風呂に入る前に、簡単にブラッシングして抜け毛を取りましょう。

短毛の犬でも抜け毛の量はスゴイので、シャンプー前にブラッシングしておくと良いでしょう。

愛犬とコミュニケーションを取りながら楽しいブラッシングタイムにしましょう!

「お風呂に入ることは怖くないと思わせることが大切です。

主人
この段階で、犬もお風呂のことを感づいて覚悟を決めるんだろうね。

シャワー

まずは、お湯のはっていないバスタブの中へ

浴槽を嫌がる様でしたら、無理に入れる必要はありません。

とにかく、怖がらせてはいけません

シャワーヘッドから勢いよくお湯を出した時の「ジャジャジャジャー」という音が苦手な犬が多いです。

シャワーヘッドをなるべく体に近づけて水音を小さくしてお湯をかけてあげましょう。

顔に水をかけられるのは苦手な犬が多いので、足の方から顔にむかって順番(足、お尻⇒お腹、背中⇒首、顔)にお湯を慣らしてかけていきましょう。

次女
いきなりお湯を出すとびっくりするから「お湯出すでー」って言ってあげると良いね。

犬は全身に水分を含ませるだけでも一苦労です。

ブラシなどを使ってゆっくりお湯を馴染ませましょう!

怖がらせては駄目ですよ~( ・ิω・ิ)

長女
犬をお風呂に入れると、濡れネズミみたいに小さくなって可愛いんだよ♡

シャンプー

シャンプーは直接振りかけて犬の身体の上で泡立てると、ゴシゴシと強く刺激することに!

犬が怖がりますので、バケツの中でまずしっかり泡立ててから使うと良いでしょう。

足(足裏、指の間)、おしりの方から顔の方へ順番(足、お尻⇒お腹、背中⇒首、顔)にシャンプーします。

長女
肉球がプニプニで気持ち良いよね!

背中は毛を逆立てるように洗うと、体皮までしっかりシャンプーが届く様な気がします。

体を洗ったら、首と耳、顔の方へ移動しましょう。

口や鼻の中に入ると水を嫌がるよになります。

初めは焦らずゆっくり、水が入らないように気をつけましょう!

耳は臭いがあるので、耳を閉じて耳裏までしっかり丁寧に洗ってあげよう。

肛門腺(匂い袋)を洗います。

  1. 肛門の形がキュッと縦に伸びるように尻尾を持ちあげます。
  2. 4時」と「8時」の位置に親指と人差し指を置いて、肛門の奥の部分を軽く揉んであげましょう。

肛門の方向に優しくゆっくりと力を入れすぎずに押し上げるのがポイントです。

主人
犬は、お尻を触られ るのは嫌がるよな~!
ブログ管理人:一福さん
ここは2人がかり!!肛門の方に顔を持って来させないように、1人が頭をなでててる間にもう1人が絞ると良いよ。

ココまで来たらもうゴールは目の前です。次はシャワーをかけて流していきますよー!

流す

洗う時とは逆の順番(顔、首⇒背中、お腹⇒お尻、足)で、頭から流していきます。

主人
スポンジを使っても良いんだけど、直接お湯洗い出来るようにしてあげたいね。

流し残しがあると皮膚病の原因になったり、毛が絡まったりします。

地肌まで洗えているか、すすぎ残しがないかなどしっかりと確認しましょう!

乾かす

お風呂場で身体を拭きます。

シャンプーが終わった犬は開放感興奮でお相撲さんみたいに飛びかかって来ますよね(*^^*)

最近では吸水性の高いタオルが売ってありますので、それを使ってパパっと手際よく拭いてあげると良いでしょう!

ブログ管理人:一福さん
暴れる犬を捕まえて乾かすのは本当に一苦労!

水気を拭き取ったら脱衣所へ移動させて、ドライヤーを当てましょう!

犬が火傷をしないように冷風より少し暖かい風で乾かします。

低温やけどするのが怖いので、身体にバスタオルを被せて、その上からドライヤーを当てます。

全過程の中で、ここが一番大変かもしれませんね。

の部分を触って乾いていれば、だいたい全身が乾いていると思って良いでしょう!

ここまでの全ての流れ約2時間。。。

やっぱりいちばん大変なのはドライヤーだと思います。

夏場はとくに暑いし、かけてる方も、かけられてる方も嫌になっちゃうよね。^^;

強力なドライヤーがあると便利ですね!

出来上がり

犬の身体が乾いたら、首輪をつけて脱衣所を出ます。

シャンプー後の犬は、毛がフワフワでまるでぬいぐるみです♡

家族皆からの匂いチェックを受け、「きれいになったね!良い匂いになったね!」と言われたら、犬も頑張ったかいがありますよね!

お風呂に入ってキレイになったことをいっぱい褒めてあげましょう!

ブログ管理人:一福さん
シャンプー後の犬は心身共に疲れるのか、お昼寝する子が多いですよ~。

シャンプーしない日には、お湯で絞ったタオルで体を拭いてあげるとよいです。犬の体臭が少しはマシになります。

犬の全身をくまなく触ることで身体の傷や出来物も発見できるし、犬とのコミュニケーションにも♪

長くなりましたので、最後にまとめておきますね!

まとめ

犬のシャンプーのやり方!!

  1. ブラッシング
    お風呂場での抜け毛を減らす。お風呂を楽しくするコミュニケーション。
  2. シャワー
    足元から顔にかけて、少しずつ濡らしていく。耳、鼻に入らない様気をつけて。
  3.  シャンプー
    バケツで泡立てて使おう!足元から顔にかけて洗う。
    耳や肛門腺をしっかり洗ってあげれば、体臭がマシになります。
  4.  流す
    顔から足にかけて流す。すすぎ残しが無いようにしっかり流そう!
  5.  乾かす
    低温やけどしないように、冷風より少し暖かいくらいの温度で乾かしてあげる。
    脇の下がチェックポイント!ここが乾いてたらほぼ全身OK?!
  6. 出来上がり
    きれいになった愛犬の匂いを嗅ごう!ボディタッチは最高のコミュニケーションです!

初めてのシャンプー前に何度かお風呂場に連れていくのも良いですね!
お風呂場は怖くないということを教えてあげましょう。

とにかく犬を怖がらせない事が大切です。

いかがでしたか?

犬のシャンプーのやり方の手順をご紹介しました。

とにかく気をつけて欲しいのは「犬を怖がらせない」ということです。

もし、あなたの愛犬がひどくお風呂を怖がるようでしたら、

1回目:お湯を溜めた浴槽に入れる

2回目:足だけシャワーで流す

3回目:シャンプーを使って足だけ洗う

4回目:身体全体をシャワーで流す

と言った感じで、少しずつ「洗う」ことに慣らすと良いですね!

初めてのシャンプーを怖がらせてしまっては、後々が大変になります。

少し時間をかけてでも、お風呂を怖がらない子にしてあげるほうが家族もお手入れが楽ですし、犬のストレスが減りますよ!

あなたの愛犬のシャンプー方法と違う点も沢山あると思いますが、ぜひ参考にしてください!

家族皆で楽しいバスタイムを^^

合わせて読みたい記事

子犬のお風呂の入れ方を動画公開!お風呂嫌いにしない洗い方のコツ?!

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
⇒レトリバーを愛する人のためのれとら部(レトリバーラブ)