ホストファミリーの呼び方!!留学生は家族を何と呼べば良い?

留学生は私たちのことを何と呼ぶのか聞かれたのでYOU・・・かなと答えた一福です。これではまるで、ジャニさんですw

さて。

今日は『ホストファミリーの呼び方』というテーマです。ホストファミリーを呼ぶ時に気を付けるべきことについてお話ししますので、参考にしてくださいね!

ホストファミリーの呼び方は?

まずはホストファミリーに呼び方を確認しよう

 

ホストファミリーに、「何とお呼びすればよろしいですか?」と確認するのが一番良いと思います。もちろん、ホストファミリー側から「私の事は〇〇と呼んでください」と言われるかもしれません。その時は、そう呼んであげてください。

 

私たちは「お父さん」「お母さん」と呼んでもらい、子供たちはニックネームで呼んでもらっていました。

 

でもよくよく考えてみると、わが家の留学生は日本語が下手だったので、「あなたは〇〇できますか?」「あなたは〇〇します」と、主語は常にYOUだったような・・・あまり意識して無かったのが、正直なところです。

名前で呼ぶのが一般的?

日本に留学してくる外国人は、日本人は名前に「さん」を付けると知っています。うちの留学生も最初の頃は「一福さん」と呼んでいたので、お母さんと呼んでね」と伝えました。

 

基本的に彼らは名前(ファーストネーム)で呼ぶのが一般的です。なので、ホストファミリーを誰かに紹介する時には必ず「ホストマザーの一福さんです」名前まで伝えるんですよ。

日本人の場合、友人から「私の父のさとるです」なんて絶対紹介されないでしょ?!親だって「父のさとるです。いつもお世話になってます」なんて、そんな自己紹介は絶対にしませんよねww

 

ですが、外国では誰でも名前で呼ぶのが一般的です。それが親であっても、隣人であっても。これは、私にとって文化の違いを感じるポイントでした。

 

 

あなたも、ホストファミリーの名前を知っておかなければいけませんよ。あなたの知人にホストファミリーを紹介する時に「彼女はホストマザーです」だけでは不十分です。きちんと名前で紹介しましょう。

まとめ

 

ホストファミリーの呼び方は、最初にホストファミリーに確認をとりましょう。今後一緒に生活していく中でとても大切な事ですので、嫌がられることはありませんよ。むしろ、何も聞かない方が失礼だと思います。

「あなたの好きなように呼んだらいい」と言われたら、「〇〇と呼んでも良いか?」と聞いてみてはいかがですか?ニックネームでの呼び方は、相手との心の距離を一気に近づけるチャンスですよ!

 

確かに、ホストファミリーの呼び方は大切ですが、もっと大事なのは名前(ファーストネーム)をおろそかにしないことです!

日本では、お母さんお父さんおじいさんおばあさんには、まるで名前が無いかのように一括りで呼んでしまいますが、外国ではそうではありません。いくつになっても名前で呼びます。苗字ではなくファーストネームをとても大切にされています。私たち日本人は、相手を名前で呼ぶことを決して忘れてはいけません。

 

 

どうぞ、ホストファミリーの皆さんの名前を大切にしてくださいね。

ホストファミリーとの最初の会話の時に「〇〇、あなたを何とお呼びしたら良ろしいですか?」と名前を付けて尋ねられれば、最高ですよ!

 

では、また★

 

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人! ⇒詳しいプロフィール一服同好会
タイトルとURLをコピーしました