ラブラドールの室内ケージ!パピーウォーカー使用のケージサイズは!?

盲導犬パピー用のケージはどれくらいの大きさなのか気になる一福です。狭いわが家を圧迫しないサイズであることを願っています。

さて。

今回は、大型犬の室内ケージのサイズを検討中のあなたに、パピーウォーカーの私が使用しているケージサイズをご紹介します。私たちは関西盲導犬協会からお借りしたケージを使っています。犬のプロが使用しているケージですので、間違いありませんよ♫

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ラブラドールの室内ケージを準備しよう!

ラブラドールの室内ケージサイズ

 

関西盲導犬協会からお借りしたTOMCAT トムクレイト4000のケージの大きさは、約 縦90cm☓横56cm☓高さ67cm。成犬になっても十分に使えるビッグサイズで、女子小学生が2人入れる広さです。

 

小さな部品(ナットやボルトなど)を使わずに、パタパタと壁面を起こすだけで組み立てられます。うちの子供たちにも組立られましたよ♫

 

床面はプラスチック製専用トレーで、スライドさせて外から簡単に抜き出せるようになっています。

このトレーに抜け毛が溜まるので、毎日のケージのお手入れも簡単です!

 

このケージのおすすめポイント

  • ラブラドールが成犬になった時でも窮屈じゃない大きさ
  • カミカミしても壊れない丈夫な素材
  • お掃除がしやすい形・素材

ケージを買う時には、大きさ耐久性掃除のしやすさに気をつけて選ぶと良さそうですね!参考になさってください。

室内ケージを置く場所は?!

 

ケージの設置場所についても、盲導犬協会の方に相談させていただきました。

  • 一人ぼっちにならない場所
  • 温度が安定している場所
  • 落ち着く場所

にケージを設置するように勧められました。

 

ラブラドールのケージは大きくて場所を取るし、トイレの臭いも気になるので設置場所を迷っていたのですが、結局は犬の部屋を別に用意せず家族皆が集まるリビングにケージを設置しました。

リビングなら、ケージの中に居る時だって家族の誰かと目が合うでしょ?いつも皆の気配を感じれる場所なら、寂しくないですよね。

ここで「狭いながらも楽しいわが家」を感じてもらえたらいいなと思っています。

 

わが家がケージを設置する際に気をつけたポイントは、5つです。

  1. ケージとトイレは別空間
  2. 場所をとりすぎない
  3. 犬が使いやすい
  4. お掃除しやすい
  5. 犬とコミュニケーションを取りやすい

犬が快適な空間であることと、お世話する人の負担が少ないことに気を付けてケージを設置しました。これから先、長~く一緒に暮らしていくんだもん。イライラ厳禁!楽しく・楽チンに行きたいですからね!

 

では、長くなりましたので、最後に今回のお話をまとめておきますね!

まとめ

【ラブラドールの室内ケージ】

約 縦90cm☓横56cm☓高さ67cm

  • ラブラドールが成犬になった時でも窮屈じゃない大きさ
  • カミカミしても壊れない丈夫な素材
  • お掃除がしやすい形・素材

 

【ラブラドールのケージ設置場所は?】

  • 皆が集まる場所にケージを置こう!
  • 狭くても快適に過ごせるように工夫しよう!

いかがでしたか?

わが家では、ラブラドール用の室内ケージはTOMCAT トムクレイト4000(約縦90cm☓横56cm☓高さ67cm)を使用しています。

結構大きいですが、組立もお手入れも簡単で使いやすく便利なケージですので、一度チェックしてみてくださいね。

 

ラブラドールは人が大好きな犬なので、ケージはリビング設置すると良いですよ。

ラブラドールの室内ケージの準備に、参考になれば嬉しいです★

 

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
一服同好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました