直島をペット同伴で観光しよう!犬連れで楽しめるお勧めスポットは?!

犬連れでアートの島・直島を観光してきた一福です。カメラが下手な私が黒い犬を撮影するので、全く映える写真が取れません。

さて。

今回は、直島への犬連れ旅行を考え中のあなたに、「ペット同伴で楽しめる直島のお勧めスポット」についてご紹介します★直島に行ったらぜひ見て欲しい犬連れOKの観光スポットを集めましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

ペット同伴で楽しめる直島のお勧めスポットは?!

宮ノ浦エリアのおすすめ観光スポット

海の駅「なおしま」

フェリーから下りて、直島で最初に目に入る建物が海の駅「なおしま」です。降り立った瞬間にカッコいい建物を見せつけられたので、直島への期待感が一気に高まりましたよ!!

だって、ムダにカッコいいんだもん~★テンションあがっちゃうよね~★

 

 

でも残念ながら、室内はいまいちでした。「へぇ~。内はこんな感じなんだ・・・」と、正直ガッカリしました。いろいろボロも見えますが、外観重視の建物ってことで大目に見てくださいね♪

 

総ガラス張りですので、中から赤カボチャフェリーの出航が見えます。

 

カフェで一服しながら景色を眺めるもよし。

お土産を物色するもよし。

犬連れさんは、お散歩しながら海の駅「なおしま」を眺めるもよし。

 

海の駅「なおしま」、ぜひチェックしてみてくださいね!

草間弥生「赤かぼちゃ」

 

草間彌生さんの「赤かぼちゃ」は、直島へ降り立った観光客をたちまち直島アートの世界へ誘います★

 

草間彌生さんを知らなくっても、このカボチャは見たことあるって人も多いはず!?もはや直島のアイコン敵存在と言っても良いでしょう。

 


直島を走っているバスだって、ほら。赤かぼちゃ♪直島の観光業は、草間彌生さんの「かぼちゃ」で成り立ってると言っても過言ではありませんね!

「赤かぼちゃ」を見逃したら、「直島行ってきましたー」なんて言えませんからねっ!

 

\注意/

緑地内のペットの散歩は禁止

 

との注意書きがありました。芝生で遊ばせたりしないように気を付けて。芝生におしっこ&うんちさせるなんてもってのほかですよ!!

直島パヴィリオン

 

こちらもフェリー乗り場から見えるアート作品、直島パヴィリオン。

 

雲のような

繭のような

宝石のような

 

直島パヴィリオンは、何とも表現できそうで何ともよく分からない、不思議なモニュメントです★

 

こうやって、網の中に入れちゃうんですよ!

遠くには海の駅「なおしま」草間彌生さんの「赤かぼちゃ」も見えるので、直島パヴィリオンの中から外の景色を眺めてみても面白いですよ★

 

直島パヴィリオンは、夜のライトアップでまた違った表情をみせてくれるとか?!犬の夜の散歩に立ち寄ってみてもよさそうですね!

魚河岸 7070 annex knowme

 

直島の夜ごはんと言えば、ここ魚河岸7070 annex knowme!直島はカフェやランチができるお店は多くありましたが、夜ごはんを食べれるお店は少ないようです。

なので、夜ごはんの時間帯はお客さんで賑わっていましたよ~事前に予約をとっておく方が賢いかも。外国人が多かったですね。

 

お刺身や煮魚など、これぞ日本の家庭料理って感じのメニューがてんこ盛り♡お腹がパンパンになるほど、たっぷり出てきました~。お正月だったので仕入れが難しく、メニューがいつもとは違ったようです。

 

私がこのお店で一番うれしかったのは、犬連れ入店がOKだということ!混雑していない時間であれば、ペット同伴でお食事ができます。

 

今回の直島旅行では、魚河岸7070annex knowmeが経営する一棟貸切り宿に、犬連れで宿泊させていただきましたので、宿泊体験レポートは★★コチラ★★をごらんください。!

 

次は少し場所を移動しますね~★本村エリアへレッツゴー★

本村エリアのおすすめ観光スポット

 

本村地区には、路地が入り組んだ昔ながらの街並みが残っています。直島の生活を想像しながら、愛犬とお散歩するだけでも十分に楽しめると思います。

 

では、ここ本村エリアのおすすめ観光スポットをご紹介していきますね!

直島 家プロジェクトエリアの散歩

全部で6か所ある家プロジェクト関連施設。

  1. 角屋
  2. 南寺
  3. 護王神社
  4. 石橋
  5. 碁会所
  6. はいしゃ

護王神社以外の建物は、ペット同伴できませんでした。。。犬は外に繋いでおくか、家族で交代で入ることになります。

 

古い町並みの中に「家プロジェクト」や「ANDO MUSEUM」などが点在し、見どころ満載の場所ですが、基本的に犬を連れて入ることはできませんでした。

でも、遊び心が溢れた路地をぶらぶら歩くだけでも、とっても楽しかったですよ♪

 

 

この本村エリアは民家が多いので、地元の方との出会いもありました。

私がパピーのおしっこをトイレシートでふき取っていたら「水で流してもらえば十分よ」と暖かいお言葉をかけていただき、嬉しくなりました。

直島は、世界中の人が集まる素敵な観光地です。愛犬の粗相には気を付けましょう!

 

トイレ休憩は南寺横の公園でどうぞ!トイレもアート作品のようにおしゃれでしたよ♥

直島港ターミナル

 

「あれはなんだ?!雲かな?」

「葡萄でしょ??」

 

もくもくと湧き上がる雲をイメージしたデザインがユニークな、直島港ターミナル。中には待合所・トイレ・駐輪所があって、いかにも地元の人が普段から使っているといった感じがしました。

 

可愛い雲のターミナルで静かに船を待つのは最高に素敵です♡

 

 

日没後にはライトアップされるそうですので、こちらもお見逃しなく!!

護王神社

 

「家プロジェクト」の中で唯一、ペット同伴で入れたのが護王神社です。

 

とても小さな神社なのですが・・・なんと、ここの社殿の地下には古墳みたいな石室があるんです!!そして、このガラスの階段が地下の石室と社殿を結んでいるんですよ!!

神社までアートなんだね~♥カッコいい~!!

 

 

地下の石室に入るのには、「家プロジェクト」の料金が必要です。ワンコは無料!

地形を利用した、数々の視覚トリックが面白かったです!個人的にココは超おすすめですよ★

つつじ荘周辺エリアのおすすめ観光スポット

犬連れさんが一番楽しめる場所が、つつじ荘周辺エリアかもしれません!

砂浜で遊ぶだけでも十分楽しめますし、たくさんのアート作品が野外展示されている広場もありますので、お散歩コースにぴったりでした★

鳥居

 

なんとも奇妙な・・・半分くらい砂に埋まった鳥居です。周りに神社らしきものは見当たりませんでしたが、恵比寿神社の鳥居だそうです。

ここはフォトジェニックスポットで観光客でいっぱいです♥

 

背が低い鳥居の上には、石がぎっしりと乗っていました。みんなの願い事が叶いますように。

 

 

瀬戸内海を真っ赤に染める夕焼けが、とても美しかった!!幻想的な雰囲気に包まれる夕暮れ時が、シャッターチャンスです★

草間彌生「黄色いかぼちゃ」

 

鳥居からそのまま浜辺に出てみると・・・ありました!ありました!!今回、私が一番見たいと思っていた草間彌生さんの「黄カボチャ」です。

不自然な黄色いカボチャが、これほどまでに自然に溶け込んでるように感じるのはなんで?!本当に、ビックリするくらい直島の風景に溶け込んでいるんですよ。

 

なんで海にカボチャを?!

なんで黄色なん?!

「黄かぼちゃ」を実際に見るまで、いろいろと野暮な疑問を持っていたんですが・・・見て分かりました。黄色いかぼちゃをココに置いたのは・・・♥正解なんでだろう?!全然、違和感がないんですよね。

 

直島で一番の人気スポットと言っても良い「黄かぼちゃ」は、おそらく並ばずに写真撮影することは無理でしょう。私たちが旅行に行った真冬(お正月)でさえも、たくさんの人が黄かぼちゃの前に並んでいましたよ。

「赤かぼちゃ」と同じく直島のシンボリックな作品ですので、お見逃しなく★

 

 

長くなりましたので、最後に簡単にまとめておきましょう!

まとめ

【ペット同伴で楽しめる直島のお勧めスポット】

宮ノ浦エリアのおすすめ観光スポット

  • 海の駅「なおしま」
  • 草間弥生「赤かぼちゃ」
  • 直島パヴィリオン
  • 魚河岸 7070 annex knowme

本村エリアのおすすめ観光スポット

  • 直島 家プロジェクトエリアの散歩
  • 直島港ターミナル
  • 護王神社

つつじ荘周辺エリアのおすすめ観光スポット

  • 鳥居
  • 草間彌生「黄色いかぼちゃ」

 

直島は、車だと20分ほどで一周できてしまうくらいとても小さな島でした。

 

外国人はほとんどが自転車でしたね~中には島を歩いて周回している方も見えました。島の起伏が大きいので普通の自転車じゃなく、電動自転車がおすすめです★

普通自転車ー300円/日

電動自転車ー1000円/日

電動バイクー1500円/日(12~2月は800円/日)

 

でも犬連れさんは、やっぱり車が便利かな~?!特に宿泊される場合は、ケージやトイレなど持参するものも多くなりますしね。

各所に無料の駐車場があるので、一度も駐車料金を払うことはありませんでしたよ!←ここ重要★

 

 

直島は、この島全体がアート作品であるのが魅力です!愛犬と一緒に見て、触れて、感じて楽しめる観光スポットです。マナーに気を付けてお散歩観光を楽しみましょうね♪

 

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
一服タイムを愛する人のための一服同好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました