大型犬ケージの大きさは!?成犬になるまで使えるケージを選ぼう!

「大型犬を飼うためのケージの大きさは?!」

「大型犬のためにどんなケージを準備したら良いの?」

こんにちは!家族で盲導犬パピーウォーカーに取り組む一福です。^^

子犬を家族に迎えるとなったら最初に準備したいのが犬用ケージ

でも、どれくらいの大きさのケージを用意すれば良いのか迷ってしまいますね?!

今回は、大型犬ケージの購入を検討されてるあなたに「大型犬ケージの大きさは!?成犬になるまで使えるケージを選ぼう!」についてご説明いたします。

盲導犬協会から支給された、ラブラドール用のケージの大きさを教えちゃいますね!

合わせて読みたい記事

ラブラドールの室内ケージ!私がおすすめしたいサイズと設置場所!?

大型犬ケージの大きさは?!

盲導犬の子犬(生後2ヶ月)をお迎えした時、一緒にケージを預かりました。

そのケージの大きさは約60*90*67cm

・・・デカッ!!!

生後2ヶ月の子犬には、かなりゆったり目で余裕のあるサイズ。

次女
私でも入れる大きさだよね!

大型犬であるレトリバー種は成犬になると体高が約60cmになるので、このサイズに合わせてケージを選びます。

  • 窮屈すぎず
  • 適度に狭く
  • ケージ内で方向回転できる

この様な空間がケージとして理想的です。

何度も買い替えずに良いものを長く使うほうが、飼い主にとってはもちろん犬にとっても嬉しいですよね!

ココがポイント!
成犬になった時の体高で大きさを選ぼう!



私は犬にぴったりな大きさのケージを手作りしたいです!

ちょっと待ってください。

その手作りケージは、成犬になるまで長く使えますか?!

次は、どのような材質のケージが使い勝手が良く長持ちするのか、続けてお話します。

大型犬ケージの材質は?!

最近ではケージを手作りされる方も多いですよね!

愛犬の大きさやお部屋の広さに合わせて、自分だけのケージを作れるのが最大の魅力的だと思います♡

ですが、私は木製ケージをおすすめしません

理由は簡単。

犬がケージを噛んでしまうからです。

ハッキリ言いましょう!

大型犬は木が大好き♡

バキバキに噛み砕きますよ。

特に好奇心旺盛な子犬の頃は、歯の抜け替わり時期ということもあってか、色んなところに噛みつきます。

「コレはいったい何だろう?」

そんな些細な好奇心から、引っ掻いたり噛み付いたりするものです。

長男
机の脚やソファー、スリッパ、毛布なんでも噛むよ!

木が少しでもささくれ立ったら、もう大変!

ガリガリ

ゴリゴリ

なにかに取り憑かれたように攻撃が始まります。

長女
少し破れかかった壁紙とも戦うんだよ

ケージが壊れるだけならまだしも、愛犬の口が傷つくのは絶対に避けたいですよね!

ましてや誤飲したとなっては大変です。

「愛犬のためにケージを作ってあげたい」という気持ちは良くわかりますが、お互いにイライラせずに暮らせる安心・安全・頑丈なスチール製ケージおすすめします!

また、木製のものは汚れを取るのが大変です。

スチール製なら安心安全頑丈耐久性があるだけじゃなく、とてもお掃除が簡単衛生的です♪

大型犬ケージのお掃除が少しでも楽にできるとなれば、選ばれて当然です!

ブログ管理人:一福さん
イライラの原因を減らして、気楽に犬育てしたいよね!

これであなたのワンちゃんが成犬になるまで安心して使えるケージが選べました!

でもそのケージ、どこに設置したら良いか解りますか?

リビング?

寝室?

玄関?

次に、大型犬のケージの設置場所についてお話したいと思います♪

大型犬ケージの置き場所は?!

大型犬のケージの置き場所ですが、

  • 玄関など人の出入りの激しい場所
  • 窓際など直射日光が当たる場所
  • 孤立する場所

この様な場所はNGです。

バタバタとうるさい場所に置かれては落ち着かないですよね?

寒かったり、暑かったりする場所はイヤですよね?

ひとりぼっちの場所は寂しいですよね?

あなたが犬の立場になってみたら、置き場所をどこにするのが良いか分かると思います。

盲導犬の子犬は人が大好きなので、いつでも飼い主の姿を求めています。

人が大好きな子なので、飼い主の気配や姿を身近に感じられるようなリビングにケージを置くことを勧められています。

ケージは犬にとってもリラックス出来る場所であることが重要です!

最後に、今回のお話を簡単にまとめましたので、おさらいしておきましょう!

まとめ

大型犬のケージサイズは?

成犬になった時の体高で選ぼう!

(レトリバー種:約60*90*70cmを使用しております)

  • 窮屈すぎず
  • 適度に狭く
  • ケージ内で方向回転できる

大型犬ケージの素材は?

安心・安全・頑丈なスチール製がおすすめ!

お掃除も楽で言うことなし!

大型犬ケージの置き場所は?

リラックス出来る場所

家族の気配を感じれる場所。

いかがでしたか?

もう、大型犬のケージ選びで迷うことはなくなりますね!

子犬を迎えると決めたら、まず一番に準備してあげたいケージ。

大きさ、材質はもちろん、置き場所を考えて購入しましょう。

ケージは愛犬の落ち着く場所を作るという目的はもちろんですが、しつけの意味でも重要です。

何度も買い替えないで済むように、成犬になった時の大きさをしっかり考慮して、安心・安全・頑丈なケージを購入しましょう!

あなたとワンちゃんが、安心して楽しく暮らせるケージ選びのお役に立てれば嬉しいです★

合わせて読みたい記事

ラブラドールの室内ケージ!私がおすすめしたいサイズと設置場所!?


当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒レトリバーを愛する人のためのれとら部(レトリバーラブ)
コメント

コメントをどうぞ






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする