子犬おすわりの教え方!誰でもできるお座りの方法を動画で解説!!

子犬の「おすわり」は標準搭載だと良いのになーと思っている一福です。できれば「待て」「カム」も標準搭載でお願いしたいです。あ、トイレも。

さて。

今回は、子犬のしつけで悩むあなたに「おすわりの教え方」をお話いたします。2~3日でおすわりできるようになりますので、諦めずに続けてみてくださいね♫

では、最後までお付き合いください。

超簡単!子犬おすわりの教え方

まずは「おすわり」という言葉を教える

「おすわり」という言葉座る行動を一致させましょう!

その方法は超簡単で、座ったら褒める!!これだけデス。

 

わが家に盲導犬候補の子犬がやってきて3日目。パピーは「シット」という言葉と実際に「座る」という行動が一致し始めています。

 

もちろん子犬は、初めから「おすわり」という言葉を知ってるわけではありません。全く理解解していないので、初めは「おすわり」「シット」と言っても「???」という表情をしています。

なので、「おすわり」という言葉を覚えてもらうために、ただ座ってるだけでもおすわりが上手だと褒めてあげましょう。

 

子犬:座っている。

あなた:「おすわり」できたね~!

 

子犬:遊び疲れて座る。

あなた:「おすわり」できたね~!

 

子犬:座る⇒寝そべる。

あなた:「おすわり」できたね~「伏せ」も上手だね~!

 

たとえ偶然であっても、「おすわり」をした事を褒めるんです。この時、必ず「おすわり」ができたと伝えながら優しくなでてあげてください。子犬は自分がとった行動と言葉が一致するようになります。

この方法で、まずは「おすわり」という言葉と行動を一致させることが出来ました。次は実際に「おすわり」という言葉を出して子犬を座らせていきますよ~

「おすわり」のコマンドで座らせる

次は「おすわり」という言葉を発した後に、座らせる方法です。これも超簡単★子犬の頭上に玩具orエサを上げる!ただそれだけデス。

子犬の頭上にエサを持っていくと子犬はそれを見上げる形になり、すとん自然におすわりをします。この時、「おすわり」できたね!とたっぷり褒めてからエサを渡しましょう。

 

初めは上手にできません。長くおすわりなんて絶対できません。なので、軽くちょこんと座れただけでも良しとして、たっぷり褒めてあげましょう。

 

 

盲導犬候補の子犬がわが家にやってきて3日目。まだまだ失敗もありますが、「シット」のコマンドでおすわり出来る回数も増えてきました。

こ実際の私と子犬のレッスン風景を見ていただければ、もっと理解が深まるとおもいます!使っているコマンドはこの5つです。

    1. 「アウト」・・・離しなさい
    2. 「シット」・・・おすわり
    3. 「ウェイト」・・・待て
    4. 「カム」・・・おいで
    5. 「OK」・・・良いよ

まだまだ中途半端ですが、出会って4日目のレッスンだと思うと、子犬の能力も捨てたもんじゃありませんよね!この教え方を続けていれば、1週間もすれば「おすわり」の言葉で座るようになりますよ。

玩具やエサなしで言葉だけで座るようになります。

私もひたすら「おすわりGOODだね!」を続けたいと思います♫

 

 

長くなりましたので、子犬おすわりの教え方を簡単にまとめておきますね!

まとめ

【超簡単!子犬おすわりの教え方】

お座りという言葉を教える

座っている状態を「おすわりGOODだね」と褒めよう。

お座りという言葉と「座る」行為を一致させよう。

 

「おすわり」のコマンドで座らせる

子犬の頭上に玩具やエサを持っていくと、子犬は座ります。

座ったらすぐに「おすわりGOOD!」と褒めましょう。

子犬おすわりの教え方、いかがでしたか?座ってる時に「おすわりグッドだね」褒めるだけで、犬は言葉と行動を一致させます

ですので、子犬と遊ぶ時にコマンドとなる言葉「おすわり」「待て」「伏せ」「来い」「離せ」「OK」などを散りばめて褒めまくるのが良いでしょう!

 

「まずは、おすわりから教えた方が良いって本に書いてあったけど??」

 

子犬に「おすわり」をしつける中でも、子犬は色んな動作を見せるので、その時が褒めるチャンスです♫すべての行動をできた!できた!と褒めましょう。その行動と言葉を関連付けさせましょう!

こうすることで、犬の行動と飼い主のコマンドがつながってきますよ。

 

あなたの愛犬のしつけに役立つと嬉しいです(*^^*)

 

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
一服同好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました