ペットの宿泊マナー知ってる?初めて犬と旅行する時に気をつけたい事!

 

「ペットの宿泊マナーが知りたい!」

「初めて犬と旅行するとき、どんなことに気をつけたら良いの?」

 

 

こんにちは!家族でパピーウォーカーボランティアに取り組む一福です。^^

 

ペットと宿泊するとき、どんなことに気をつけたらいいのか知っていますか?!

私たち飼い主のちょっとした不注意で周囲に迷惑をかけることもあります。

初めて犬と旅行する時には、必ずペットの宿泊マナーを押さえておきましょう♪

 

今回は、ラブラドールと初めて宿泊体験をしてきた私が「ペットの宿泊マナー知ってる?初めて犬と旅行する時に気をつけたい事!」についてお話いたします。

 

犬と旅行するときに失敗することのないよう、ぜひ最後までご一読くださいね!

 

 

スポンサーリンク

ペットの宿泊マナー知ってる? 初めて犬と旅行する時に気をつけたい事!

ワクチン・予防接種を済ませよう

  • 狂犬病予防注射済の証明書
  • 予防接種証明書

ドッグランやペットホテルでは、ワクチンや予防接種の証明書を求められることがあります。

犬と旅行に初めて行くときには、コピーしたものを忘れずに持っていきましょう。

長女
長女

ワクチン打ってない犬とかいるのかな?

旅行前にはお手入れをしよう

 

抜け毛や匂いを極力防ぐために、旅行前には必ずシャンプーを済ませましょう。

「犬が嫌いな人もいる」ことを忘れないように!

 

ブラッシング・歯磨き・耳掃除など普段からマメに犬のお手入れをしておけば、抜け毛や匂いもマシですよ。

一福
一福

お家に帰ってからのお手入れも大切★

決まった場所で排泄させよう

 

犬は知らない場所にくると、匂いを嗅ぎまわり粗相をすることがありますよね!

来てすぐにおしっこを失敗されると・・・気分もなえてしまいます。

 

犬を室内に入れる前にケージやトイレサークルなど全てセットし、必ずワンツー(おしっこ・うんち)を済ませてから部屋へ入れましょう。

マーキング癖がある犬の場合は、マナーパンツ・マナーベルトを着用しておくと安心です。

 

 

絨毯のあるリビングは危険ですよー!

犬はなぜか絨毯の上でおしっこしたがりますので、取り除くかテーブルの下に折りたたんでおくと良いでしょう。

 

絨毯を汚してしまうと洗濯・お手入れが大変ですので、気を付けたいですね!

次女
次女

フローリングなら万が一お漏らししてもふき取れるもんね

吠えさせない

 

知らない人に会ったり・知らない場所に来たとき、警戒吠えはしませんか?!

もし警戒吠えをしたときには、黙らせることはできますか?

 

犬に吠えられて気持ちの良い人は、絶対にいません。

程度の差はあれ、誰しも不愉快に感じます。

 

すれ違う犬や人への警戒吠えは、直ぐに止めさせましょう。

また、無駄吠えしないように普段からしつけましょう。

パピー
パピー

気をつけます

 

犬を和室に入れない

 

絶対に犬を和室に入れではいけません。

畳の上でおしっこを失敗したらシミになるし、爪で畳に傷をつけてしまうかもしれないからです。

 

畳は汚れたり傷ついたからといって、直ぐに取り替えることは難しいです。

注意して使えば問題ないのですが、初めから犬を和室に入れないというのが一番だと思います!

犬をベッドルームに入れない


ペットと宿泊できる旅館・ホテルのほとんどが、ペットと一緒に寝ることを許していません。

つまり、ベッドに上がることを禁止しているんです。

 

「一緒に寝るわけじゃないから」と、ベッドに上げるのはマナー違反です。

ペットをベッドルームには入れてはいけません!

一福
一福

最初から1歩もベッドルームには入れないことが大事!

 

食事の時には足元に伏せさせる、またはケージに入れる


食事の時にはケージに入れるか、足元に伏せをさせて待たせましょう。

 

「うちの犬はケージが苦手です」

「伏せで待機できません」

 

可哀そうですが、お部屋でお留守番させてください。

食事中に他人に吠えたり、ガチャガチャと歩き回るのは論外です。

人の食べ物を分け与えたりするのも、絶対にNGです。

 

犬の食堂ではありません。

あくまでも人間が食事をする場所・時間だということを忘れずに!

パピー
パピー

伏せできるもんね

次女
次女

お利口に待てるようになったね!

私がペットと初めての宿泊時に気を付けた事

ココがポイント!
犬連れさんに自分家をお貸しする場合に、やって欲しくない事は絶対にやらない事!

たったコレだけです!

 

わが家に知らない犬連れファミリーを泊める時に

  • 絨毯の上でおしっこされてもOKか?
  • 畳を掘られてもOKか?
  • 襖や障子を破られてもOKか?
  • お布団で寝てもOKか?

こう自問自答してみてください。

 

どうでしょう?

答えは全部NOではありませんか?

 

「自分がお家を貸すとしたら、どうかな?」

このことを頭の片隅に置いておけば、ペットの宿泊マナーについてわざわざ学ぶ必要はありませんよね。

一福
一福

実は、とても単純で簡単なことなんですよね

 

では、長くなりましたので、最後に簡単にまとめておきます!

まとめ

ペットの宿泊マナーを守って犬と旅行を楽しもう!!

✅ワクチン・予防接種をすませよう

✅旅行前にお手入れしよう

✅決まった場所で排泄させよう

✅吠えさせない

✅犬を和室に入れない

✅犬をベッドルームに入れない

✅食事中は足元、ケージに入れて待機

いかがでしたか?

ペットの宿泊マナーは当たりまえの事ばかりだったと思います。

 

ですが、宿の中に入ってほっこりするとつい気が緩んでしまい、いつもの癖が出てしまうもの。

 

「これくらい良いだろう」

「私一人くらい大丈夫だろう」

 

1人1人のマナー違反が原因で、以前はペットを受入れてた宿がペット宿泊NGになる場合だってあります。

ペットと一緒に宿泊できる宿がますます増えるように、私たち1人1人がマナーを守って正しく行動しましょうね。

 

楽しく旅行できるかどうかは、私たちにかかっていますよ!

 

犬との初めての旅行が大成功しますように★

ぜひ参考にしてくださいね!

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒レトリバーを愛する人のためのれとら部(レトリバーラブ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました