プロフィール

スポンサーリンク

ご挨拶

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”ippuku2.jpg” name=”ブログ管理人:一福”]はじめまして★

家族でパピーウォーカーに取り組んでいる一福(いっぷく)です。[/speech_bubble]

2018年7月に盲導犬候補の子犬を預かり、パピーウォーカーのボランティア活動をスタートしました。

3人の子供たちにパピーが加わって、慌ただしいながらもとても充実した楽しい毎日を過ごしています♪

 

 

簡単ではありますが、自己紹介をさせて頂きますので最後までお付き合いお願いいたします!

一福さんファミリーをご紹介

 

私たちは京都に住む5人家族★

盲導犬パピーウォーカーのボランティア活動にチャレンジしています!

 

気ままな自由人【一福】

犬好きレベル★★★★★

ラブラドール友達を100人作ろう!⇒れとら部

 

俺流の【夫】

犬好きレベル★★

英語の猛勉強中!

 

お調子者の【長男】

犬好きレベル★★★★★

世界を旅する美食家を目指す中学生!

 

超マイペースな【長女】

犬好きレベル★★★★★

女優になりたい!

 

恥ずかしがり屋の【次女】

犬好きレベル★★★

新体操の先生になりたい!

 

怖がりなハリネズミ【なる】
犬好きレベル 不明
将来の夢はお友達をつくること!

 

甘えん坊なラブラドール【パピー】

生後2ヶ月~1歳までを一福さん宅で過ごす。

将来の夢は盲導犬!

 

 

一福ファミリーとパピーがお届けする「れとさんぽ」をどうぞヨロシクお願いします!

一福ってどんな人?

ハンドルネーム「一福」について

仕事の手を止めておしゃべりしたりお茶を飲んだりと、ちょっとした休憩をとることを「一服する」と言いますよね?

私はおしゃべりが大好きで、どっちかというと一服が多いタイプ♪^^

 

ハンドルネーム一福(いっぷく)は、私の代名詞「一服する」から取りました。

盲導犬の子犬を育てる「幸福」と、子犬と過ごす「至福の時間」をイメージして、漢字を「福」に変更!

 

いいね~♫

雰囲気出てるんじゃない?!

 

「一福」は盲導犬ボランティア体験から学んだ「犬のしつけ」「犬飼いのマナー」など、犬を飼育するためのお役立ち情報をこのブログに残します。

 

犬を飼ったことある?

 

母が犬好きだったので、小さい頃から家に犬がいないってことはありませんでした。

犬と一緒に暮らすことは、私たちの人生をより豊かにしてくれると信じています。

 

街で盲導犬を見かけたことある?

 

今まで、街で盲導犬を見かけたのはたった1度だけなんです!

盲導犬ボランティアの勉強会で聞いたんですが、実際に日本で活躍している盲導犬は1000頭ほど!

盲導犬の助けを必要とされてる方全員に、行きわたってる訳ではないようです。

 

「必要としている方全員に盲導犬が行き渡るような社会になればいいな~」と願っています。

合わせて読みたいカテゴリー

盲導犬について

 

ラブラドールとのコミュニケーションで大変なこと、楽しかったことは?

 

大変だったこと&楽しかったことは、お散歩です!

初めはまともなお散歩は出来ませんでした・・・引っ張る、吠える、座り込む、拾い食う。

でも、少しずつ上手に歩けるようになって、横に並んで一緒に歩けるようになってからは楽しいお散歩の時間に変わりましたよ。

 

「盲導犬パピーは賢い」という勝手なイメージをもっていたので、普通のやんちゃな子犬にびっくりでした。

合わせて読みたいカテゴリー

犬の散歩のしつけ

パピーウォーカーをやって変わったことは?

 

動物を飼うということは大変だと分かっていたつもりですが、「預かりもの」を育てるのは、自分の犬を育てるより責任が重いです。

「かわいい子犬を預かるボランティア」と気楽に考えていましたが、強い意志家族の団結力がないとできないボランティアだと再認識しました!

 

犬を飼っている人へアドバイス

 

しつけがいかに大切かということを伝えたいです。

 

盲導犬パピーのしつけと比べると、普通の犬のしつけがいかに甘く・不十分であるかを痛感しました。

もちろんパピーをしつける時には、可哀そうに思うこともあります。

  • 外でトイレをさせない
  • エサは決まった量だけ(おやつなし)
  • 散歩中に匂い取りさせない

でも、犬の基本的なしつけは犬のためだけでなく、飼い主のためであり・周りの人たちのためになりますよ。

犬を大切に思うのであれば、しっかりしつけをして愛され犬に育てましょう!

 

街で盲導犬を見かけたら?

 

盲導犬は、目の不自由な方を安全に目的地まで連れて行くお手伝いをしているので、お仕事中に声をかけたり、撫でたりして犬の気を散らすのは厳禁です。

犬の集中力がきれると事故やケガにつながります。

まずは盲導犬ユーザーさんに声掛けをするのがマナーですよ!

合わせて読みたい記事

視覚障害者は困ってる!?正しい声のかけ方と手引きの仕方について!

 

盲導犬と私たちが気持ちよく暮らせる世の中になるように、パピーウォーカーとして周囲にしっかりと伝えていけたら良いなと思います。

 

ボランティアについてどう思う?

 

ボランティア活動って利他( 自己の善行の功徳によって他者を救済すること)だと思ってる方が多いのではないでしょうか?

でも私は、ボランティアは利己的な活動だと思っています。

 

自分を満たし幸せになれた時、初めて周りの人たちを満たし幸せにしてあげることができるんだと思います★

自分のために、自分を満たすためにボランティア活動をする。

 

「ボランティアは利己的なものだ」と認識すれば、もっとボランティアをする人が増えるんじゃないかな?

皆さんも、大好きなことでボランティア活動を始めてみませんか?

 

私がパピーウォーカーになった理由?!

盲導犬のお母さん犬との出会い

ある日の夕方、娘たちとお散歩していたら、ピカピカの黒ラブを連れたおばさんとすれ違ったんです。

おばさんの横にしっかりと付いて、堂々と歩く黒ラブ。

時々チラチラとおばさんに目くばせをしながら歩く黒ラブは、しっかりとしつけされてることが素人目にも分かりました。

 

「Oh!It’s gorgeous!」

通り過ぎる外国人観光客の歓声も聞こえます。

 

そんな素敵なワンちゃんを犬好きな娘たちが見逃すはずもなく、おばさんにお願いして触らせてもらったんです。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”ituki.jpg” name=”次女”]大きいね![/speech_bubble]

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”yuniha.jpg” name=”長女”]可愛い~♡[/speech_bubble]

この間、黒ラブちゃんはピクリとも動かずジッとお座りしていました。

地面の臭いを嗅ぐわけでもなく

娘たちに飛び掛かるわけでもなく

リードを引っ張ることもなく

ただじっと座って、娘たちの思いを受け入れてくれました。

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”ippuku2.jpg” name=”ブログ管理人:一福”]とっても賢いワンちゃんですね~!かっこいい♥[/speech_bubble]


この子は、盲導犬のお母さん犬なんですよ

 

 

モウドウケン ノ オカアサン!!?

 

モウドウケン の お母さん!?

 

 

盲導犬のお母さん!?

私は、ずいぶん前にTVでみた盲導犬ボランティアのことが頭に浮かびました。

 


子供たちがこんなに犬が好きなら、盲導犬ボランティアやってみない?

関西盲導犬協会に勉強会に参加してみたら?

 

とても美しくて賢い犬に感動した私は、

「盲導犬の勉強会に行ってみます!」と二つ返事で話を受けました。

 

 

でも・・・

よぉく考えてみると、家はマンションだった!!

犬なんか、飼えっこない。涙

 

でも、勉強会に行くだけ行ってみようか♪

そんな気楽な感じで、盲導犬協会の勉強会に申し込んだのでした。

 

盲導犬協会の勉強会に参加

 

それから直ぐに、盲導犬の勉強会に参加した私たち。

  • 視覚障害について
  • 盲導犬ユーザーさんのお話
  • 盲導犬のトレーニングを見学
  • 盲導犬ボランティアさんへの質問

参加者が見て・聞いて・触れて・感じる勉強会に参加し、いままで自分勝手に想像していた「盲導犬」のイメージが大きく変わりました。

というより、この時初めて盲導犬についての正しい知識を得ました。

 

また、盲導犬ボランティアさんのお話もいろいろ聞かせてもらったのですが、みなさん盲導犬ボランティアで犬と関わることに幸せを感じているようでした。

 

正直言うと、私も・・・

「優秀な盲導犬を1匹でも多く輩出したい」

「ボランティアで世の中の役に立ちたい」

そんな社会貢献したい気持ちからではなく、ただ「可愛いラブラドールを育ててみたい!」という私欲から、このボランティアに興味を持ちました(汗)

 

パピーウォーカーに申し込む

 

私たちはマンションに住んでいたので、パピーウォーカーは物理的に無理だったんですね(汗)

犬を見かけるたびに、燃え上がるパピーウォーカーへの熱い思い。

 

「いつか必ずパピーウォーカーをやろうね!」

「犬を飼える家に引っ越したい!」

 

頭の片隅に「パピーウォーカー」を残したまま2年が経過し、長男が中学生になろうとしたころ。

「そろそろマンションでは手狭になってきたな~」と思っていたら「大型犬飼育OKの一軒家」情報が舞い込んできたんです!

 

賃貸物件で「犬の飼育OK」の物件は少ないんですよね・・・犬がOKでも「大型犬は不可」なところがほとんどです。

それくらい大型犬を室内飼いすると傷みがひどいんでしょうね。

 

私たちがずっと探し求めていた「大型犬飼育OKの一軒家」!

千載一遇のチャンスに、私たちは直ぐに引っ越しを決意しました。

 

 

この話をすると

「パピーウォーカーをするために引っ越したの?!」

と驚かれるのですが、そういう訳ではなく

「引っ越すとしたら、絶対に大型犬を飼える家にしよう」と決めてただけなんです。

だってパピーウォーカーをやりたかったから~♪

 

 

私は、引っ越し日時が決まったら、直ぐに盲導犬協会に連絡を入れましたww

早く申し込んで、早くパピーを預かりた~い!

 

善は急げ!

思い立ったが吉日!

 

私たちはノリ勢い時の運で、パピーウォーカーを始めることができました!

 

このブログをはじめた理由は?

 

さて、そんな私がなぜこのブログを始めたのかというと、過去の私のような人を助けたいと思ったからです。

 

私はパピーウォーカーを始めるために、犬のしつけ本を読みあさったり、インターネットで検索して勉強しまくりました。

ですが、出てくる情報は当たり障りのない一般論や、「犬を飼うのって素敵でしょ?」といった綺麗な話ばかり。

リアルな体験談やお役立ち情報を見つけられず、不安のままに犬を迎え、しつけを開始したんです。

 

私みたいな犬飼い初心者が、パピーウォーカーを通して学んだ犬との体験談を全て公開しよう!

犬のプロじゃなくド素人の目線で書いたリアルな体験談は、きっと誰かの役に立つだろう!

 

 

犬飼い初心者さんが安心して犬を迎え・しつけ・楽しく暮らしていく

それがこのブログの目的です。

そのために必要な成功体験・失敗体験を記事にまとめました。

 

  • 初めてパピーウォーカーボランティアにチャレンジする人
  • 犬のしつけに対する不安を持つ人
  • 犬との生活に対する不安を持つ人

 

現在の私の経験はこのような人の役立つと信じ、パピーウォーカー活動について・犬育ての良いところ・悪いところ全て包み隠さず具体的にお届けしようと考えています。

犬育ての難しさ・楽しさ・素晴しさをお伝えすると共に、家庭でも出来る犬のしつけをシェアしますね♬

 

盲導犬の子犬をしつける数々のアイデアは、必ずあなた犬育ての参考になると思います!

そのためのコンテンツをこれからもどんどん追加していくので、どうぞお楽しみに♪

 

このブログの理念

 

私はこのブログで、犬と幸せに暮らす方法を伝えていきます。

 

犬を飼うのはとても楽しいです。

しかし、生き物を飼うには大きな責任が伴うので、しつけについてはしっかり考えないといけません。

 

可愛い子犬をしつけるのは可哀そう!

愛情を持って犬に接すれば問題ないでしょ?!

そう思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

ですがあなたが迎えた犬は、あなたの「家族」として生活がスタートします。

人間社会のルールを学び、信頼関係をしっかり築くことで、あなたも犬も幸せに暮らせるようになるんです。

 

犬はとても正直で、私たちの行動に純粋に素直にまっすぐに反応してくれます。

時間をかけて愛犬とじっくり向き、しつけていきましょう!

 

しつけが入れば、犬もあなたも周りの人たちも皆が幸せに暮らせますよ♪

犬と一緒に笑顔で暮らせる人たちがもっともっと増えることを願って、このブログを綴ります。

スポンサーリンク
naoをフォローする
盲導犬パピーウォーカー実践ブログ★れとさんぽ
タイトルとURLをコピーしました