プロフィール

ご挨拶

 

はじめまして!「れとさんぽ」を運営している一福です。

私は盲導犬の仔犬を育てるパピーウォーカーボランティアや、留学生を受け入れるホストファミリーボランティアをして過ごしました。

そして現在は、2021年のフランス移住に向けて準備をしています。

 

簡単ではありますが、そんな私の自己紹介をさせて頂きますので、最後までお付き合いお願いいたします。

 

一福さんってどんな人?

ハンドルネーム「一福」の由来?

 

仕事や勉強の途中でちょっと休憩することを「一服する」と言いますよね?

とにかく私は一服が多いタイプ。

気が付けば手を止めて一服している。

 

そう、私は一服する人なんです。

 

でも、この一服する時間は私にとって大切な時間で、なぜか楽しいこと・面白いことを思いつくのって一服中なんですよね。

 

「今度はあそこに行ってみたい!」

「こんな事にチャレンジしてみたい!」

 

私たちが取り組んだボランティア活動やイベントなどは、この一服中に生まれたナイスアイディア

私にとって大切な時間「一服」

私のハンドルネームは、ここから取りました。

一福
一福

もっと幸福度を上げたいな

 

そして、一服中の幸福度をさらに上げるために「服」を「福」の字に変更!

私にピッタリの名前・一福(いっぷく)と命名しました。

パピー
パピー

♪♪

 

今後も末永く、私たち一福ファミリーをよろしくお願いします!

 

一福さんの座右の銘は?

遊びをせむとや生まれけむ

 

私たち人間は、遊ぶために生まれてきたと信じています。

「ムダを楽しむこと」「遊ぶこと」

これこそが、人間らしさだと信じています。

 

私は人生をかけて遊びたい。

いろんなことにチャレンジしたい。

ワクワクした毎日を送りたい。

 

「遊びをせむとや生まれけむ」

これが私の座右の銘です。

 

盲導犬パピーウォーカーになったきっかけは?

盲導犬のお母さん犬との出会い

 

ある日の夕方、娘たちとお散歩していたらピカピカの黒ラブを連れた女性とすれ違ったんです。

女性の横にしっかりと付いて時々チラチラと目くばせをしながら堂々と歩く黒ラブは、よくしつけされてることが素人目にも分かりました。

 

「Oh!It’s gorgeous!」

通り過ぎる外国人観光客の歓声も聞こえます。

 

そんなワンちゃんを犬好きな私たちが見逃すはずもなく、飼い主さんにお願いして触らせてもらいました。

この間、黒ラブちゃんはピクリとも動かずジッとお座りしていました。

地面の臭いを嗅ぐわけでもなく

娘たちに飛び掛かるわけでもなく

リードを引っ張ることもなく

ただじっと座って、私たちの気持ちを受け入れてくれました。

 

一福
一福

とっても賢いワンちゃんですね~!かっこいい♥


この子は、盲導犬のお母さん犬なんですよ

 

 

モウドウケン ノ オカアサン!!?

 

モウドウケン の お母さん!?

 

 

盲導犬のお母さん!?

私は、ずいぶん前にTVでみた盲導犬ボランティアのことが頭に浮かびました。

 


そんなに犬が好きなら、盲導犬ボランティアやってみない?

関西盲導犬協会の勉強会に参加してみたら?

 

とても美しくて賢い犬に感動した私は、

「盲導犬の勉強会に行ってみます!」と二つ返事で話を受けました。

 

善は急げ!

思い立ったが吉日!

 

私たちはノリ勢いで勉強会に参加し、それから数年後には盲導犬パピーウォーカーボランティアになっていました。

 

パピーウォーカーボランティアとして過ごしたこの1年間は、とても有意義なものでした。

子犬の成長はもちろん、自分たちも大きく成長できました。

犬の飼育に対する知識・盲導犬に対する知識が増え、同時にたくさんの仲間が増えました

犬友と呼ばれる人たちに年齢・性別は関係ありません。

とにかく犬が大好きという仲間たちです。

私は沢山の犬友さんから、犬のこと、人生のことを学びました。

 

パピーと過ごした1年間は、私たち家族にとって本当にかけがえのない時間です。

 

ホストファミリーになったきっかけは?

犬の次は人を預かってみたい!という単純な発想

ある日、息子が学校から貰ってきた留学案内のプリントの片隅に小さく乗っていた「ホストファミリー」の文字。

これを見つけた私は、ワクワクしました♪

ビビッときたんです!

「次はコレだ!」という確信がありました。

一福
一福

犬を預かった私が次に預かるのは人しかない!!

 

私はホストファミリーに関する情報を集めるために数社にメールを送りました。

が、得た情報は全部が似たり寄ったり✖✖✖

 

どの団体でホストファミリーボランティアを始めるか判断できないまま、ほったらかしにしていたのですが・・・

そんなある日、AFSから1通のメールが届きます。

 

「ホストファミリーに興味を持っていただきありがとうございます。一度、お話だけでも聞いてみませんか?」

 

AFSの話によると、ホストファミリーは不足しているのが現状で、当時京都に留学していた2人もホストファミリーを探していました。

彼らを一日も早く家族として迎えてくれるホストファミリーを探しているという話を聞き、私たちは約1カ月後にはホストファミリーになっていました!

これには、我ながら驚くほどのスピードです^^

 

 

この1人の留学生を通して、私たちは多くの人と繋がりました。

ボランティア団体の方、ボランティアの学生、留学生の友人たち、留学生の家族、そして同じホストファミリーを務めた他の家族の皆さん。

たった1人の男の子を迎え入れたことで、私の世界はぐんと広がりました。

コロンビア人の母になった私のワクワク&ドキドキの7か月は、あっという間に過ぎ去っていきました。

 

フランスへ移住することに決めたきっかけは?

おフランスへの単純な憧れ

 

私の主人は現役の大工として、日本の木工を世界中の人達に教えています。

ですが現実的に日本に勉強に来るのが難しいという方が多くいらっしゃるんですね。

そこで私たちは、ナイスアイディアを思いついたんです♪

主人
主人

俺たちが世界を回ろう★

一福
一福

いいねー!

次女
次女

どこがいいかな?

長女
長女

カナダ♡

長男
長男

トルコ♪

家族全員が海外移住に賛成したため、私たちは2021年にフランスへ移住することにしました~!

何でフランスかって?

それは、単純に行ってみたいから。

数々の国の中から、フランスを選んだのはやっぱりワクワクするからです。

 

正解を選択する必要はありません。

大切なのは、ワクワクするかどうかです。

 

フランスへの単純な憧れを胸に、私たちはいよいよ日本を飛び出します。

もうワクワクは止まりません♪

こうなったら、どこまでやれるかチャレンジするのみ!

コロナに負けてる場合じゃない!

なんとしても、フランスへ移住するぞ!

 

現在、記事をまとめています。

オープンまでどうぞお楽しみに★

まとめ

 

いかがでしたか?

一福の「人と成り」が分かって頂けたと思います。

 

人生をかけて、ゆっくり遊ぶ。

日常を非日常にすることで、毎日をドキドキ&ワクワクして思いっきり楽しむ。

これが私の生き方です。

 

そのためにはどちらに進むかを選ぶ時に、楽しそうな方を選択することが大切です!

少し勇気がいるかもしれませんが、ノリ勢いで人生の道を選ぶんです★

じっくり考えたり悩んだりしても仕方ない!

自分の口から「できない理由」が飛び出す前に決めちゃえばいいんです。

 

「楽しそう!やってみたい!」ってね♪

「やっちゃえばいいじゃん!」ってね♪

 

 

このブログは、「やりたいことやっちゃう人生」の記録です。

私たち家族の日常を少し覗いて行ってくださいね♪

一緒に楽しみましょう!

 

naoをフォローする
れとさんぽ
タイトルとURLをコピーしました