盲導犬パピーウォーカーのしつけ!大切にしたい7つの事って!?

 

「盲導犬パピーのしつけで大切なことって何?!」

「犬をしつける時、どんなことが大切なの?」

 

 

こんにちは!家族でパピーウォーカーボランティアに取り組む一福です。^^

 

 

愛犬をしつける時、どのようなことに気をつけていますか?

しつけ不足で、周りに迷惑をかける様な犬には育てたくはないですよね!

 

 

今回は、初めてパピーウォーカーに取り組む私たちが教えていただいた「盲導犬パピーウォーカーのしつけ!大切にしたい7つの事って何!?」についてお話いたします。

 

 

盲導犬パピーウォーカーだけでなく、一般のペット犬のしつけにも必ず役立つ考え方ですので、ぜひ参考になさってくださいね!

しっかりとしつけて、愛されワンコを育てましょう♪

 

それでは、パピーウォーカー委託式で教わった沢山の学びをシェアしていきます。

 


スポンサーリンク

盲導犬パピーウォーカーのしつけって?!

 

盲導犬パピーウォーカーの委託式。

パピーとご対面のに、パピーウォーカーとしてしつけに対する心構えを改めて確認しました。

 

では、私たちが初回のパピーレクチャーで学んだ「盲導犬パピーウォーカーのしつけに大切な7つのポイント」を見ていきましょう!

 

人への意識を付けさせる

  • 人のそばにいるのが好きな犬
  • ルールを守って人と一緒に遊ぶ

 

愛情一貫性を持って犬と接することが大切です。犬の行動に対して、家族がバラバラの対応をしないように注意しましょう!

パピー
食事の前はおすわりしなくて良いでしょ?
次女
早く食べたいよね~♪
長男
食事の前は必ずシット、ウエイトをしてからOKを出した方が良いよ。

子犬が自分の名前を理解する

  • 名前を呼ばれたら嬉しそうに寄ってくる
  • 名前を呼んで叱らない

 

名前を呼んで「◯◯ちゃん、ダメでしょ!!」と叱っていると「名前を呼ばれた=叱られる」と覚えてしまいます。叱る時は「NO」短く・はっきりと伝えましょう。

何度も「NO」を連呼するのもダメです。

主人
叱る時につい名前を呼んでしまうよな・・・気をつけよう!

逆に、褒める時には「◯◯ちゃん、よく出来たね!GOOD!!」と名前とセットにして大げさに褒めましょう。

「名前を呼ばれる=褒められる」という感覚が身につくようにしてあげると良いですね!

パピー
わんわん♫

 

Goodで褒めてしつける

  • GOODと言われたら楽しげに尻尾を振る
  • GOODが一番のご褒美になる

 

叱らないで済む環境を作ろう!お利口な時にはGOOD!GOOD!と沢山褒めてあげると良いです。

犬も人間と一緒で褒められるのが大好き♡(*´ω`*)♡

ブログ管理人:一福
偶然、座っただけでも「シット」できたことを褒めてあげてね!
長女
シット、GOOD!
パピー
なんだかよく分からないけど、褒められて嬉しいワン♫

 

人の言うことをよく聞く犬に育てる

  • 呼ばれた時に無視しない

 

人と楽しく関われる犬に育てましょう!

アイコンタクトができただけでも「◯◯ちゃん、GOOD!」と褒めましょう!名前を呼ばれて人の側へ行くことは、とても楽しく嬉しいことだと覚えます。

主人
名前を覚えるまでは来ただけでも褒めてあげようね!
次女
もうわかってるんじゃない?!
パピー
ココはどこ?わたしはダレ??

 

犬同士の遊び

  • 頻繁に犬同士で遊ばせると、犬にしか興味を示さなくなる恐れがある

将来、盲導犬として働く犬になることを意識して、人との関わりを大切にしましょう。

 

長男
犬同士の遊びも大切そうだけどね。
ブログ管理人:一福
やりすぎはダメってことでしょ。

 

人間の食べ物に興味を持たせない

  • ゴミ箱をあさったり、物をかじったりなどのイタズラに要注意!!

食事中はケージに入れても良いです。そのうちに、人の食事に自分は関係がないことを学びます。

ブログ管理人:一福
わが家では、食事中はケージにいれることにしました。

また、暑い夏の季節には氷をあげてもかまいません。

冷蔵庫から氷を取り出してすぐにあげると「冷蔵庫=氷」という関連付けがおこり、冷蔵庫の中には食べられるものがあると学習してしまいます。

 

さらに、氷のカランコロンという音に反応するようになると、盲導犬になって喫茶店に入った時にユーザーさんが困ってしまうこともありますので、渡す時には注意が必要です。

 

長女
パピーは賢いから何でも学習するんだね!
パピー
良い事も、悪い事も何だってすぐに覚えられるワン!!

 

イタズラ

  • してはいけないことをしっかり教える
  • 日用品はおもちゃにしない

犬は古い要らなくなった靴と、新しい靴の区別はつきません。古い靴で遊ばせてしまうと、靴は玩具だと学習します。決して、日用品をおもちゃにしてはいけません。

子犬の頃から、やってはいけない事と良い事を教えていきましょう。

長男
なるべく叱らなくて良いように気をつけてあげたいね。
パピー
よろしくワンワン★

 

 

 

 

盲導犬パピーウォーカーのしつけで大切な7つのことを頭で理解してても、育て始めると戸惑うことが沢山でてくるんだろうな・・・

理屈では解っていても、その通りにいかないのが育児です。^^;

のんびり気長にいきましょう!

 

 

では、最後にまとめておきましょう。

まとめ

【盲導犬パピーウォーカーのしつけ】

  1. 人への意識を付けさせる
  2. 子犬が自分の名前を理解する
  3. Goodで褒めてしつける
  4. 人の言うことをよく聞く犬に育てる
  5. 犬同士の遊び
  6. 人間の食べ物に興味を持たせない
  7. イタズラ

盲導犬パピーウォーカーの7つの大切なしつけポイント、いかがでしたか?

将来パピーが盲導犬になった時に必要な、人との信頼関係・社会性を身につけさせるためのしつけポイントです。

 

あなたの愛犬をしつけるためのヒントが沢山あったのではないでしょうか?!

 

 

大切なのは「褒めて育てること」

それは決して「叱らない」という意味ではありませんよ。

 

人間と生活する上で「してもよいこと」「してはいけないこと」を子犬のうちにしっかり教えていきましょう。節度ある愛情を持って育てていきましょう!

 

 

 

さぁ、今日もパピーのワンツー頑張っていってみよう!!


当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒レトリバーを愛する人のためのれとら部(レトリバーラブ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました