子犬のお風呂の入れ方を動画公開!お風呂嫌いにしない洗い方のコツ?!

パピーとの初めてのお風呂を楽しみにしていた一福です。お風呂嫌いにならないように、お風呂を怖がらない様に入れてあげました!

今回は「子犬のお風呂の入れ方を動画公開!お風呂嫌いにしない洗い方のコツ?!」を解説していきますね。最後までお付き合いお願いします!

絶対お風呂嫌いにさせない!子犬のお風呂の入れ方は?!

 

犬のお風呂は、大きく4の行程に分かれます。

子犬のお風呂
  1. お風呂に入る前のブラッシング
  2. お風呂場でのシャンプー
  3. お風呂上がりのドライヤー
  4. 完成

実はそれぞれの行程で、犬が怖がるポイントがあるんです。でも、コツを押さえれば、子犬を怖がらせずにお風呂に入れられますよ!

では怖がるポイントを押さえながら、子犬のお風呂の入れ方を解説していきますね。

ブラッシング

 

「さあ、お風呂に入ろう♫」と、いきなりお風呂場に連れてってませんか?お風呂の前にはブラッシングして汚れを浮かし、抜け毛をしっかり落としましょう!

事前にしっかり抜け毛を落とし、毛の絡まりや毛玉をとっておけば、シャンプーの泡立ちが違います!シャンプーの泡立ちが良かったら、子犬を押さえつけてゴシゴシしなくてすみますよ~

 

子供の頃・・・「大丈夫だから、怖くないから」という言葉でも安心でず、頭からジャンジャンかけられるお湯が怖くて仕方なかった私。うちのパピーも同じ思いに違いない!

だから力任せに押さえつけてシャンプーするのは、恐怖感をうえつけるだけだと身をもって分かっています。

 

お風呂場で押さえつけなくて済むように、丁寧にブラッシングしてあげましょう★

 

また、ブラッシングは大切な愛犬とのコミュニケーションの時間。

「お風呂に入ろうね~」

「きれいになろうね~」

と優しく声をかけています♫不安を取り除き、お風呂は楽しい時間だという意識を持たせると良いですね!

 

さあ、ブラッシングを終えたらお風呂場へ移動しますよ~!

シャンプー

子犬にとって生まれて初めてのシャンプー!ここを怖がらせてしまったら、間違いなくお風呂を嫌がるようになります。

初めてのお風呂は慌てず、ゆっくり、じっくり入れてあげましょう!

洗い方のコツ:足場を安定させよう!

 

すのこマットを敷いて、お風呂の足場を安定させます。足場が安定しないと滑って足を痛めたり、暴れたときの爪音で子犬が興奮するからです。

 

私は昔使ってたヨガマットを床に敷きました。滑らないし、サッと流せてすぐに乾きます。取り扱いが簡単なのでオススメですよ。

洗い方のコツ:シャワーの音は小さく始める!

じゃじゃじゃじゃじゃーー!!

 

子犬は初めて聞くシャワーの音にかなり驚きます。シャワーの水はゆっくり弱めに出すと良いですよ。音がキツく出ない程度です!

ピチャピチャ~

ちょろちょろ~

こんな感じで少しずつ水の音に慣らしていきます。

 

始めっからジャジャジャジャーは絶対にNGです。

子犬はチョロチョロ出ている水は怖がりません。むしろ興味津々★うちのパピーも、シャワーヘッドに顔を近づけてみたり、水を飲んだりしてました。

 

シャワーに慣れてきたら、犬の体にシャワーヘッドを密着させるようしてシャワーの水量を上げていきます。音が出にくいので、いきなり水量をあげるよりも良いと思います。

 

これでシャワーの水は無事クリア!!

では、身体に水をかけていきます。ここも慎重に★慌てちゃダメダメ~!

洗い方のコツ:子犬の身体は顔から遠い部分から濡らす!

 

今度は子犬の身体を濡らしていきます。

  1. 背中


から遠い部分
から濡らしていくのが良いですね。

 

私は、子供たちを初めてお風呂に入れた時のことを思い出しました。足先からチャプチャプとお湯をかけ、脚にかけ、身体にかけ・・・泣かないように怖がらないように慎重にお風呂に入れたなぁ。

 

子犬も同じ感じで☆

犬は初めてお風呂に恐怖心もありますが、好奇心もあるようです。なるべくお風呂嫌いにさせないように気を付けてあげれば、お風呂は大好きな水浴びの場になりそうです!

 

うちの子犬は好奇心旺盛で、自分からシャワーヘッドに近づき顔を最初に濡らしてしまいました。こうなったら、もう水は怖くない!!胸や身体を濡らしても大丈夫でしたよ。

洗い方のコツ:キツく押さえつけない!

 

全身がしっかり濡れたら、いよいよシャンプーです!

シャンプーの時に力任せにガッチリ押さえつけると、犬は怖がります。身体に直接シャンプーをかけてゴリゴリ泡立てるのは止めましょう!

シャンプーは桶の中でしっかり泡立て、その泡で身体を洗ってあげるとよいですね。

 

盲導犬協会から支給されたシャンプーはゾイック ロング シャンプー&リンスです。シャンプーの泡立ちはイマイチだと思いますが、優しい香りがします。

洗い方のコツ:顔から足の順番で洗い流す!

 

シャンプーを流しましょう!

流す時には、洗う時と順番が逆。から、頭、背中、胸、足上から順番に流します。

  1. 背中

こうすれば、何度も身体を流す必要がなくシャワーが1度で終わりますよ!

 

顔を流すのを嫌がるようなら、スポンジや濡れタオルで拭いてあげてもよさそうです。流し忘れがないように!

 

さぁ、きれいになりました!パパっと乾かしますよ~

お風呂上がり脱衣所でドライヤーをかける

 

まずは、しっかりタオルドライ!ここで水気をある程度水気を落とせたら、ドライヤーの時間が短くて済みます。ドライヤーを当てる時は、あつすぎない温風でタオルの上から当てています。

皮膚病にならないようにしっかり乾かすことが大切★でも、パパっとすばやくね~

 

嫌な時間を短くする!これこそが、お風呂嫌いにさせない秘訣です♫

完成

 

脇の下までしっかりドライできたら、お風呂も終わりです!ここでしっかり子犬を褒めてあげてください。

「シャワー気持ちよかったね!」

「キレイになったね!」

「いい匂いだね!」

身体に触れて、たくさん褒めてあげます。お風呂は気持ちが良くて、楽しくて、嬉しくて、褒められることだと教えましょう。

 

では長くなりましたので、子犬のお風呂の入れ方について最後にまとめておきます。

まとめ

【絶対お風呂嫌いにさせない?!子犬のお風呂の入れ方!】

ブラッシング

  • シャワーの前には必ずブラッシングを!
  • 汚れや抜け毛を取り除けば、泡立ちがよくなります。

シャンプー

  • 足場を安定させよう!
  • シャワーの音は小さく始める!
  • 子犬の身体は顔から遠い部分から濡らす!
  • キツく押さえつけない!
  • 顔から足の順番で洗い流す!

お風呂上がり脱衣所でドライヤーをかける

  • まずはしっかりタオルドライを!
  • タオルの上からドライヤーを当てよう。

完成

  • 上手にお風呂に入ったことをたくさん褒めよう!

 

子犬のお風呂の入れ方いかがでしたか?子犬がお風呂を怖がるポイントを押さえておけば、大丈夫!お風呂は怖くないと解ってくれるでしょう。

始めてのお風呂が怖がらずに入れたら、次からの少し楽になります。お風呂は怖くないと理解できるまで、慌てずゆっくり取り組むと良いですね☆

 

一番大切なのは、子犬をお風呂を入れることを面倒くさがらないことじゃないかな~と思ってます。子犬は私たち飼い主の気持ちがわかるみたいですから!

 

お風呂は1か月に1度の大切なコミュニケーションタイム★お店に連れて行かずに自分でお風呂に入れてあげるほうが、気持ちが通じると思います!

お風呂タイム楽しみましょう★

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒ちょっと一服しませんか?一服同好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました