他の犬に吠えるのをやめさせたい?!散歩中に吠える犬のしつけ方!!

『散歩中、他の犬に吠えるのをやめさせたい!』

『吠える犬のしつけ方を教えて!』

こんにちは!家族でパピーウォーカーボランティアに取り組む一福です。^^

散歩中にすれ違う犬に吠えまくる愛犬・・・恥ずかしいですよね。

子犬の頃からちゃんとしつけしてるのに、どうして吠え癖は治らないのでしょうか?

今回は、愛犬の吠え癖を直したいと思っているあなたに『他の犬に吠えるのをやめさせたい?!散歩中に吠える犬のしつけ方!!』についてお話します。

誰でも簡単にできるしつけ方をご紹介しますので、今日のお散歩からすぐに始めてくださいね。
愛犬が他の犬に吠えまくって肩身の狭い思いをするのは、もうおしまいにしましょう!

では、最後までご一読ください♪

他の犬に吠えるのをやめさせたい?!散歩中に吠える犬のしつけ方!!

「うちの子は遊びたいから吠えるんです」

「怖くて吠えるだけで、決して悪気はないんです」

ダメ!

悪気がなくっても、吠えるのはダメです。

直ぐにやめさせるようにしましょう。

吠えることで意思表現をさせてはいけません。

吠えられて気持ちの良い人は絶対にいませんからね。

次女
吠える犬はかわいくないもんね

では、愛犬が他の犬に吠えるのをやめさせるしつけ方をご紹介します。

「ノー」と一言で指示を出す

犬が吠えたらリードをピンと引っ張るか、名前を呼んでアイコンタクトをとります。

「これから、あなたに伝えたいことがあります」

「しっかり聞いて下さい」

という合図を犬に送るんですよ。

あなたの本気度を示してください。

パピー
目を見ればお母さんの気持ちは分かるからね

『NO!NO!NOOOO!

吠えたらダメでしょ?

怖くないから。大丈夫よ♪』

こんな言葉は、犬には全くムダです。

それどころか、あなたの興奮は犬に伝わります

慌てず落ち着いた大きな声で、ただ一言『NO!』と伝えてください。

他の犬に吠えるのをやめさせるには、吠えることは悪いことだと理解させましょう。

ココがポイント!
  1. 犬が吠える
  2. リードを引く、または名前を呼んでアイコンタクトをとる
  3. 強くしっかりした口調で『ノー!』『だめ!』と叱る。
ブログ管理人:一福
興奮して名前を連呼するのは絶対に止めましょう!


吠えるのを止めたら「GOOD」で褒める

犬があなたの『NO!』の指示で吠えるのをやめたら、大きな声しっかり『グッド』『よし』と褒めてください。

この時、大げさに

『GOOD!!すごいね!えらいね!』

身体を撫でて褒めてはいけません××

パピー
褒めて♪褒めて♪もっと褒めて!

吠える

「NO」で注意を受ける

吠えるのを止める

褒められる

犬がこのように勘違いして覚えてしまうと、褒めて欲しいから吠えるという犬が出てきます。

短くはっきりと「GOOD」「よし」と伝えれば大丈夫です。

ココがポイント!
  1. 犬が吠えるのをやめたら短くはっきりした口調で褒めよう!
  2. 体に触れたり、大げさに褒めすぎないこと
長男
上手にできたらヨシヨシしたくなるけど、ダメなんだね~

では、私が実際にやっている吠える犬への対処方法を次でご紹介していきましょう!

他の犬と上手にすれ違うために私がやってる事とは!?

わが家のパピーも以前は、すれ違う犬にワンワン吠えてました。

遊びたくて吠えるのか、警戒して吠えるのか分かりませんでしたが、吠えるのは絶対ダメです!

なので、知らない犬が歩いてきたら道の端によって「お座り」させることにしたんです。

相手が通りすぎるのを大人しく座って待つという作戦です★

ココがポイント!
  1. 犬を発見して興奮する前に「おすわり」させる
  2. 飛びかかったり、吠えたりしたらリードを引いてNOと伝える
  3. すれ違ったらGOODで褒める
長女
座って待ってたら上手にすれ違えるもんね!

このしつけ方は、うちのパピーに合ってたみたいで♪

今では「おすわり」の合図なしでも、知らない犬が来たらチョコンと座って待てるようになりました。

「他の犬とのすれ違いなんて何ってことない♪」

という風に、テクテクと歩いてすれ違えたら一番良いのですが・・・贅沢は言えませんよね!

まずは、吠えなければOKとしましょう!

今のところは「大人しく座ってすれ違う」を実践中です★

パピー
もう他の犬と出会っても吠えたりしないもんね♪
主人
賢くすれ違えるようになったね~

「吠えるのを止めさせるにはおすわりが効果的なのね?」

そうです!

他の犬に吠えるのをやめさせたいなら、まずは犬を興奮させない(落ち着かせる)ことが一番なんですよ~

このあたりの話をもう少し詳しく続けていきますね。

他の犬に吠えるのをやめさせたいなら犬を落ち着かせよう!

お散歩中に犬を見つけると、遊びたくてはしゃぐ犬警戒したり怖がって吠える犬

「遊ぼう♪遊ぼう」

「怖いよーこっちに来ないで!」

このように興奮状態にある犬を抱っこしたり、ヨシヨシと体を撫でるようなしつけ方では、犬をさらに興奮させるだけ。

ましてや「うるさいっ!」「静かにしなさい!」など、飼い主が興奮して大声でしかりつけるのは論外です。

吠える

⇒なだめる・叱る

⇒犬はさらに興奮する

⇒吠える

ブログ管理人:一福
悪循環✖✖

他の犬に吠えるのをやめさせたいとき、まずやらないといけないのは犬を落ち着かせること!

「おすわり」「伏せ」「待て」のコマンドで、愛犬を落ち着かせることから始めてみましょう!

犬がしっかり落ち着っくことができれば、吠える表現は減ってくると思います。

では、長くなりましたので最後にまとめておきましょう。

まとめ

散歩中に吠える犬のしつけ方!!

  1. 「ノー」と一言で指示を出す
  2. 吠えるのを止めたら「GOOD」で褒める

他の犬と上手にすれ違うために私がやってる事!

⇒「おすわり」させて静かに通り過ぎるのを待つ

他の犬に吠えるのをやめさせたいなら、犬を落ち着かせよう!

⇒抱っこしたり体に触れると興奮が増すだけ。

「待て」「おすわり」「伏せ」などで犬を落ち着かせること!

いかがでしたか?

散歩中に他の犬に吠えるのをやめさせるしつけ方をご紹介しました。

他の犬に吠えるのをやめさせたいなら、普段の生活でも愛犬の無駄吠えを許してはいけません。

  • 朝起きて餌が欲しいと吠える。
  • 散歩に行きたいと吠える。
  • 遊んで欲しいと吠える。
  • 来客時に吠える。

『はいはい。分かった分かった!』と全てに反応を示していたら、吠えたら要求が通ることを犬が覚えます。

吠えても良いことは起こらない吠えるのは悪いことだと普段の生活の中で覚えさせましょう!

私は愛犬が吠えるときには無視したり、「待て」「おすわり」などの指示で落ち着かせたり、時にはマズルを掴んで『NO!』とキツク叱るもあります。

大切なのは、短くはっきりとした言葉で『いけない』と教えることです!

カッコ良くスマートにすれ違える犬を目指して★

毎日のお散歩では「落ち着かせる」ことを意識して、犬のテンションをコントロールしながら歩いてみてくださいね。

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
⇒レトリバーを愛する人のためのれとら部(レトリバーラブ)