犬がトイレシートを食べた!!そのまま放っておいても大丈夫?!

愛犬がトイレシートを食べてしまいパニックに陥った一福です。あり得ないくらい慌てふためいた自分に驚いてしまいました。

 

さて。

今回は、「犬がトイレシートを食べた!!そのまま放っておいても大丈夫?!」についてお話します。

これは、わが家の子犬がトイレシートを食べてしまった時に、盲導犬協会からご指導いただいた情報です!頭の片隅に置いておけば、愛犬が誤飲した場合にも慌てずに済むでしょう。ぜひ、最後までご一読くださいね!

犬がトイレシートを食べた!!そのまま放っておいても大丈夫?!

眠る黒ラブ

 

生後2か月頃、わが家の子犬がトイレシートを食べたことがありました。

 

真夜中サークルを覗くと、パピーが散らかったトイレサークルの中で眠っていたんです・・・トイレサークルの中にはぐちゃぐちゃに散乱したトイレシートがっ!

 

大パニック!!

 

「トイレシート食べた犬を、そのまま放っておいたらどうなるの?!まさか死んじゃうんじゃない?!」

居ても立ってもいられず、真夜中0時前に半泣き状態で盲導犬協会へ連絡しました。

 

子犬がトイレシートを!身体にもたくさん綿がついてて・・・なんか少しぐったりしてるんです!いつもなら真夜中でも飛び起きてくるのにぃ~

 

完全に意味不明

そんな半狂乱の私に、協会の職員さんはとても優しく落ち着いてアドバイスしてくださいました。

 


一福さんは初めてのパピーウォーカーですね。
トイレシートを食べるのはそんなに珍しいことじゃないので、しばらく様子を見てあげてください。また変わったことがありましたら、何時でもご連絡くださいね。

 

プロからのアドバイスは

  1. まず餌を見せて、喜んで食べにくるかを見る
  2. 餌を欲しがるようなら大丈夫!引き続き様子をみる

 

パピーに餌を見せると喜んで飛び起きたので、とりあえずは「大丈夫」と判断。結局、その時は何も処置をせずにそのまま放っておいたんですが、朝方にはすっかりいつもの元気な様子に戻りました。

お昼には、綿の混じったうんち・・・じゃなくって、うんちの混じった綿がたっぷり出しましたヨっ♫

 

犬がトイレシートを食べるのはよくある事で、少量ならそのまま放っておいても大丈夫。吐き戻すか、うんちになって出てくるそうです。

ですが、大量に食べた場合には手術が必要になることもあります!まずは愛犬がどんな状態であるかをしっかり見てあげましょう。

 

盲導犬協会からの指示

  1. 犬がトイレシートを食べるのはよくあること。
  2. まずは落ち着いて子犬の様子をチェックすること。
  3. 酷く衰弱して舌を出してる時には緊急で病院へ。
  4. うんちに綿が混じって出てくるのを確認すること。

 

では次に、どうやったら犬がトイレシートを食べなくなるのか。とっておきの方法を教えちゃいますね♪

トイレシートの誤飲を防ぐ方法は?

犬がトイレシートを食べないようにするにはどうしたら良いと思いますか?!一番良い方法は犬とたっぷり遊ぶです。

 

「もっと遊びたいけど、もう疲れた~眠いよ~」

それくらいクタクタになるまで、犬と遊んであげるとGOODですw

 

犬は退屈するといたずらします。床を掘ったり、家具をカミカミしたり、玩具を壊したり。とにかく退屈を紛らわす「遊び」を始めるんです。

愛犬にいたずらさせたくないのなら、クタクタになるまで散歩に連れてあげましょう!散歩が無理なら、お部屋の中で一緒に遊んであげるのも良いですよ。頭を使った遊び・トレーニングもOK!

とにかく方法は何でもよいので、あなたが出来ることで犬を疲れさせたら良いんですw

 

 

疲れたら寝ます。

爆睡します。

満たされた犬は、まるで天使のようです。

 

私は、トイレシート飲み込み事件の後、パピーと遊ぶ時間抱っこ散歩の時間を増やしました。しっかり疲れさせるために♪

子犬をクタクタにして、しっかり熟睡させましょう♪

 

では、長くなりましたので最後に「犬がトイレシートを食べた?!そのまま放っておいたらどうなる?」についてまとめておきます。

まとめ

トイレトレー

トイレシートを食べた子犬を放っておいたらどうなる?!

  1. 食べた量が少量で、犬がいつもと変わらない元気な様子であれば安心。
    そのうち吐き戻すか、翌日のうんちに混ざって出てくるでしょう。
  2. 食べた量が大量で、犬が衰弱している場合はすぐに病院へ。自己判断は危険です!

トイレシートを食べないようにするには?!

  1. 散歩の時間・遊びの時間・トレーニングの時間を増やそう!
  2. いたずらする暇もないくらい、子犬をクタクタにしよう!

いかがでしたか?犬がトイレシートを食べてしまった場合、食べたトイレシートの量犬の様子を見て病院へいくかどうかを判断しましょう。

食べた量が少量で、犬が元気そうにしてるんだったら様子を見ても大丈夫です。そのうちにうんちに混ざって出てくるでしょう。

 

このトイレシート事件以来、私はパピーとしっかり遊ぶことを第一に考えるようにしました。とにかく犬に「暇だな~」「何か楽しいことないかな」なんて思わせないことです!しっかりと体力を発散させてあげたら、よく眠りますから。

 

しっかり歩いて、しっかり遊ぶ!

あなたの愛情をたっぷりと与えることが、愛犬を危険から守る方法でもあるんですね★

 

当ブログの管理人“一福さん”はこんな人!
詳しいプロフィール
一服同好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました